過去にあった出来事の話
俺が生まれた時から日本人形がありました
その場所が玄関を入ってすぐ目の前
その真ん中に俺が立った真上に輪っか状の、古い家に良くある電球があって
5歳まではその人形に興味もなく
なんでここに置いているのかと思いその歳以降その人形が気になりはじめました
毎日ドアを開けるとそこには毎日見る日本人形
こっちを見ているかのような左に向かうように俺の顔を見るような感じで妖艶なポーズをとっています
目が合ってる……
そんな気分です

玄関を上がると突き当りに和式の部屋があり、そこは以前まで祖母が居た場所です
昔からその部屋はおばあちゃんの部屋と呼んでいます
俺はすぐその部屋に入り怖さを忘れるように寝転ぶ事が日課です
小学5にあがると、母が父の工場へ働きに行く事になりました
俺の父は工場の社長で、裕福ない生活でした
そう、この1年までは…

俺が6年にあがったある日
俺はいつも通り自分の家に帰った、その後の事
俺はいつも通り玄関へ入り、人形をいつも通り怖がって見ました
でもこの時は何故か怖さが増して、俺は外へ逃げ出し、母と父の帰りを待ちました
弟も帰ってきて、安心しました
でも真っ暗だった自分の家へ立つと何故か何かいるかもと妄想を繰り広げて自分の首を絞めるかのように恐怖が込み上げました
そして、いつも通り、おばあちゃんの部屋でテレビを見ていました
ドアから通路を見てすぐに玄関が見える位置に
周りは明るいのにそこだけ暗いと感じる程に
そこをチラチラと見ながらテレビを見ていました
母と弟は二階
俺と父は一階

実はその行動をする前に
父が一言余計に「お父さん今からお風呂入るからな」
俺は無視をして聞き入れたフリをしておばあちゃんの部屋へ
おばあちゃんの部屋の奥に仏壇が二つ置いてあります
その右の壁の裏側が風呂場になります
なのでシャワーの音が聞こえるぐらいです

そしてさっきへ戻ります
安心はしてはいました
でもやはり玄関がきになってチラチラとみるばかり
もしかしたら人形がひとりでに勝手に歩くのかもしれない!!?
そんな恐怖心できになってしまいます

しかし、そこに居るはずのないものが……
俺が何度目かになるかもしれないチラチラとみる行動
何故かその時鋭い視線を感じました
俺はドアからチラッと覗くように
人形が置いている玄関へ目を移すと







普通ではあり得ない
人が居ました
玄関には鍵が掛かってるは

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

理解しながら読もうとすると時間がかかりました。ママメーリやフィリピン人の母の件は最初に記載すると入り込みやすかったかなぁ。。日本人形も関係無かったのが残念です、ところで仏壇二つ並べてるって聞いた事がないけど仏壇の数に問題があるのでは?

人形どーでもいいから国語の勉強しろ!

「玄関に居る人形の先の先」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード