何度か霊の体験がある自分ですが、バイト先であった話をします。
高校生の頃、讃岐うどん屋が出店しました。自分の田舎の会津地方としては、初めての店で、良く友人と食べに行っていました。ただ、その店はすぐ裏手に神社があり、前にあった店も、すぐに撤退するいわくつきの店だったのですが、バイト募集の貼り紙と、店長さんのすすめもあり、友人と二人バイトする事にしました。時間も夕方4時から8時迄ということで始めたのですが、務めてから一ヶ月位たったある日、自分がゴミを捨てる為
裏手にあるゴミの集積所に向かおうとすると、神社の方から話声がします。夕方でもお墓参りしているのかな?とさほど気にせず店に戻ろうとすると、ハッキリとこの様な声が。
早くこの家無くなってしまえ。
外に出られない。早く出して。
自分は怖くなり、店長と友人にその事を話し、その声がした場所に案内しようとドアを開けた瞬間、無数の顔と、伸ばした手が一斉に自分達に向けて来ました。自分は手を捕まれ、二人は取り囲まれる感じになり、二人は叫びながら逃げ出しました。
自分は何とか振りほどき、外に出たのですが、出せ。出せ。の声がずっとしていました。
何とか家に帰り、近所の神社前に行くと、住職が立っています。自分は先程の出来事を話ししようとする前に、お前何か見ただろ?すぐに払うからお寺に来なさい。と言われお祓いをうけました。何でも、自分の手、足、腰に、ざんばら髪の男がしがみついていたそうです。
今は店も無くなり、駐車場になっています。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(8)

地元で笑った

話声が聞こえた瞬間で取り憑いてたって思えば良い

ありがちな話だな

..@'○〒^%☆¥°☆

まさか取り憑いていたなんて…

寺と神社ごちゃ混ぜ

神社に住職はいません、神社は神主様です。こういう怖い話で寺や神社の文化が分からないままで物語が進でるのが一番怖いですね。

お疲れ様でした。 良く頑張りましたね...

目黒のさんまさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード