私の学校は年に一度、ある村で自然を学ぶ合宿のようなものを行います。
そこは山に囲まれた小さな村で、電車も1日に一本だけしか来ないような田舎。
私のクラス担任で生活指導の先生は、その村の出身でした。

そんな合宿ですが、定番のようにみんなが怖い話をします。
しかし、その先生だけは今まで参加をしようとしませんでした。なぜだか気になった生徒たちは小学校最後だからと一生懸命話をせがみました。

先生は始めは断っていたものの、やがて根負けしてため息をつきました。


「何があっても知らないからな?」

そう前置きをつけると、先生は口を開きました。




先生は子供の頃、いわゆるガキ大将というやつで、他の子供たちと度胸試しと称した遊びを繰り返していたそうです。
そんなある日、夏休みの中頃に、彼らの間で肝試しをやろうという話が持ち上がりました。
山の奥にある廃寺の本堂で一晩過ごすというものです。
彼らはその夜、彼らはこっそりと各々の家を抜け出して集まりました。
肝試しのルールは、集まった全員で本堂に泊まり、最後まで残った者の勝ちというものです。
先生とその他の子供たちはワクワクしながら挑みました。


本堂の中はやけにひんやりとしていて、ホコリや虫などがいました。
みんなで輪を描くように座り、しばらくは談笑していた先生達でしたが、次第に気味が悪くなってきました。
そのうち一人、また一人とギブアップして帰って行き、残るは先生ともう1人、健太という男の子のみになりました。

この健太という子はなかなかの肝っ玉で、先生とガキ大将の座を争っている子でした。
先生は負けじと本堂に残り続けましたが、夜がふけるにつれ怖くなってきました。
そして午前2時頃。

本堂の扉が揺れました。

「おい、2人ともいるのか?お前らの母ちゃん、お前らが家にいないことに気づいてカンカンに怒ってるぞ。」
二人は慌てたそうです。

「おいどうする?ここで終わりにするか?」

しかし先生の問いに健太は首を振りました。

「・・・・・何かおかしい」

「は?」

「こんな時間まで母ちゃんが起きてるのか?しかも、俺の母ちゃんは看護婦だ。今日は夜勤だから家にはいないんだよ。泊まり込みだって言ってた」

言われてみれば怪しい。

そんなやりとりのあいだにも本堂の扉の向こうから二人を呼ぶ声は続きます。

「なあ、早く出てこいよ。なあってば」

そこで先生は気づきました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(16)

何故 あの宿に泊まっているだ?!

先生…子供たちが可哀想です…

俺だったらトイレに行けないかも‼︎

吉備津の釜の派生

怖い、、トイレ、いけない、

頭の良い先生だw

これは怖いなw

かなりのやり手ですね、この先生はw

この話を聞かされたら子供たちは夜、勝手に出歩けない。

「先生の話」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード