ーーー
田舎で生まれ育った、ある少年の話。
その少年の実家には、絶対に入ってはいけないと言われている部屋があった。
そう言われると入りたくなってしまうものだ。
家の者が皆出かけていたある日、少年はこっそりその部屋に入ってみた。
入ってみると、それは何の変哲もない普通の部屋だった。

異様な空気が流れているわけでもなく、窓からは眩しいほどの光が入ってきて、ちっとも怖くない。
部屋を散らかされるのがイヤで脅していたんだなと、少年は思った。
部屋の中はポカポカ暖かく、気づいたら少年はその場で眠っていた。

数時間して、少年は目が覚めた。
金縛りにあったり怖い夢を見たわけでもなかった。
寝ているときも何も起きないなら、怪奇現象などは全くないと少年は確信した。

部屋を出るとき、少年は部屋にあったタンスの引き出しを何気なく開けた。
中には、雛人形を小さくしたような日本人形が一体だけ入っていた。
他の引き出しには着物が入っている。
なぜこの引き出しだけ人形が入っているのだろう。この小さな人形は一体なんだ?
その人形をじっと見つめていた少年は、今までにない恐怖を感じたのだった。

後になって、少年はその部屋について祖母に聞いてみた。
その部屋は少年の父親の妹、つまり少年の叔母が使用していた部屋だったらしい。

現在の家は30数年前に二世帯で住めるよう改築している。
しかし、その時に少し庭を潰して増築したのがまずかったらしい。
その増築した場所に建っているのが『入ってはいけない部屋』、つまり叔母の部屋だったのだが、家を新しくしてから叔母の様子がおかしくなったというのだ。

まず初めの異変は、部屋で寝ることを叔母が嫌がったことだ。新しい部屋で寝るようになってから、どんなに熟睡しても夜中の3時に必ず目が覚めてしまうと言っていたそうだ。

目を開けると消したはずの電気が点いていて、枕元におかっぱの女の子が座っている。
不思議なことに、煌々と点いた灯りの下で、女の子の顔だけが真っ黒になっていて見えない。
しかし、なぜか叔母は少女が笑っていると感じ取ったそうだ。

そんなことが1週間くらい続き、不気味になった叔母はその部屋で寝ることを避けるようになった。
叔母は頭がよく頼れる人で、最初は家族にこのような不気味な思いをさせたくないと黙っていたそうだ。しかし、もう限界を感じて祖父(叔母の父親)に訴えたのだという。
しかし祖父は「嫁にも行かんで

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

この話し知ってる

今までで、一番怖かったです。Σ(゚д゚lll)

^_^

夜桜の怪さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード