◆肝試しの惨劇

これは僕の友人がほんとに体験したことです。

以下、友人目線で話を進めます。

ある時、度胸試しをしに地元でも有名な空き旅館に言った時の話です。
多ければ多い程楽しくなるし、心強い。そう思った僕はその旅館に7人で行きました。
この時の友人は武闘派が2人❪武A.B❫、霊感が強いのが2人❪霊C.D❫、イイヤツなんだけど思想が危ない奴が1人❪E❫、そして写真部の奴が1人❪F❫。

Fは写真を撮るために呼ばれて、かなり臆病な奴だった。

そして皆で準備を整えて、いざ旅館についた時に異変が起きた。今思えば、この時にヤバイと思って入るのをやめておけば良かったと思う。

突然、Cが「おいF、そこ撮って」と言い出した。Cが指さしたのは車の前の電柱だった。

Fはよく分からないまま写真を撮って、俺らに見せてくれた。特におかしい所はない。只の田舎の電柱だ。

するとDが写真の奥の方を指して
「ほら、ここになんか変な女の人いるじゃん。」
慌てて指さされたところを見ると……いた。

黒い、喪服?の様な姿の女性が立っている。この辺に斎場はない。墓場もない。その時は7月で、かなり熱かったから妙だった。

「なぁ、この人さ、手に持ってんの……なにこれ棒?……か?」

女性の手には何か太い、褐色の物体があった。

「おいおい、勘弁してくれよ。」

「どうした?」

「なんかバックミラーに知らない間に髪がかかってる」

俺は勢いよくミラーを見た。確かにある。そして同時に驚いた。

この車は10人乗り。E❪金持ち❫が興味本位で買った装甲車である。車高は200cmのオフロード仕様であった。なのに、それを超えるほどに髪は長かった。

「何年放置したんだよ……綺麗な髪なのに……」

こんな状況でもそんな冗談を言うAは本当に肝が座っている。

「なんか幸先悪いな。まあいいや、入ろうぜ」

もしもの時のために用意したリュックを担ぎ、Bが車を下りる。それに続いて俺達も車から降りた。

A「結構寂れてんのな」

C「見た感じそんな危なそうではないね。」

E「早く行こうぜ、ほら、ライト」

俺「あざっす」

Eから貰ったLEDライトをつける。すごい明るいです。

全員で一緒に入り、その後2班に分かれた。

俺、B、C、FとA、D、Eという分け方で探索を開始した。一階は俺ら。2階はAら。

俺「Cー、なんかいる?」

C「まだこの辺は居ないねー」

この怖い話はどうでしたか?

コメント(20)

化け物の笑い声で、笑い女おもいだした。 内容は色々と矛盾があるけど、怖かった・・・

え、めちゃ面白かった。ありがとうございます

cみすてたのか笑笑

逃げたあと、Cの話題出なさ過ぎじゃない? もっと心配するでしょ?普通は・・・

とりあえず怖そうな要素・盛り上がりそうな要素詰め込んだだけ まとまりもないしオチも弱い

犯罪グループ・・・

パーティが面白いな。 さしずめ、『俺』は武闘派で霊能力ありでいいヤツだけど思想がやばい写真部かな?

この話はフィクションですね。

よー写真とれるわw

「かえして」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード