私が高校1年の夏、プールの授業のあと、体調不良で早退し病院に行きました。


すると、慢性の虫垂炎と診断され、薬で散らすか、切って取るかと聞かれました。

切るのは嫌だったので薬でお願いしようとすると、

先生から
「症状が有るときしか切れないからきった方がいいよ。」

と勧められ、付き添いの母親が
「折角だから切ろう」


となり、そのまま手術、入院となった。



私は早生まれで、まだ15歳であっため、小児科と外科を選べた。診断してくれた先生は優しい小児科の先生だし、小児科の方がいいかと思って、小児科を選択した。

予想は当たり、執刀する先生はとても優しい先生で、初めての手術でも不安なく、むしろ楽しくできた。



手術が終わり、本来は病室に戻る予定なのだが、残念ながらどの科も病室はいっぱいになってしまい、集中治療室の一角に部屋があくまでいることになった。


病室と違い、本来はお見舞いに来ても入れないところだったが、私が手術直後、まだ麻酔で寝ているとき、学校の友達がこっそり入り込んで学校からの知らせや手紙を枕元に置いていってくれた。
起きて見たときに
「しょうがないやつだな」
と思いながらも嬉しかった。


そんなところだが、夜は運び込まれる患者、手術が終わった患者が次から次へと運び込まれ、寂しいというよりはとても騒がしい場所で寝れないぐらいであった。



3日目に、やっと病室が空くことが決まり、明日から病室に移ることが決まった。

その日は、付き添いで入室が許されている母親が、朝から面会か終わるまでいた。うちは自営業なので、めずらしいことであった。


そして夜、いつもはバタバタ忙しいこの集中治療室が静かだった。全く運び込まれて来ない。

こんなこともあるんだと思いながら、ふと隣の棟の病室の明かりを寝ながら窓越しに見ていた。
私の入っている集中治療室は、病室でないので、電気は早く消される。

明日からあっちの棟へ移っていくんだな

なんて思いながら見ていた。明かりも早く消されることもないし、楽しそうだなと思った。

反面、母親が1日ずっといたこともあってなのか、何故か突然寂しい気持ちになった。

涙かボロボロでるほどだった。



すると突然体が動かなくなった。
横を向いている状態で動けない。


直後、私の後ろで男の子が、とても楽しそうに笑っている声がする。
それは顔を見なくても伝わってくる。遊ぼうっ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

とても優しい方ですね

なんていうか、、、怖いと言うより、感動に近いものを覚えた

遊んでたら連れて行かれてたかも

ちょっと寂しいですね

むかしさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード