こんばんわ
いまからするお話は実在しない呪いの人形のお話です。

先日引っ越した友達の家に遊びにいきました。
ある程度談笑した後、アパートを見て回りました
2つ部屋があるのですが
玄関を開けたさきにあるリビング
その廊下の途中に左にお風呂やトイレ
右に寝室と広いお部屋なのですが
その寝室に見たことのない人形がおいてあったのです。
不気味すぎるその風貌に嫌な感覚を覚え
もともとがそういう体質からから
すぐに捨てるように施しました。

ですが友人はその人形を買ってもいないし
貰ってもいない。
なぜそこにあるのかわからないが
あって不思議ではなく
むしろ落ち着くとかわけのわからないことを
話始めました。

泊らない予定でしたが…なにか嫌な予感ですか…
冷や汗がでるような…異様な感覚が襲ってきたのです。
するとリビングの明かりが消えました。
いや豆電球というやつですかね?
怖いながらもリビングを覗いてみると
真ん中に置かれた机の上にろうそくが沢山おいてありました。
いいですか?実話です。

私自身もう無理だと思い家を飛び出そうとすると
友人が台所を見ています
はやくこい!と声をあらげても固まった…時間が止まったかのように一点を見つめています。

続く

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

連載でもするの?

「存在しない呪いの人形part1」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード