午後8時過ぎ、夜勤の友人を送って行った時のこと。

そこはたまに通る道で目印になる建物もあり、迷うような道ではなかった。

インターの取り付け道路なので広くいつものレストランを目印に左折した。

でも、何かが違った。違和感がいっぱいでいつもなら左折して200m位でカーブになっているのにカーブがない。

「???カーブがない!カーブがない!!」と叫んでしまった。助手席で寝ていた友人は「はぁ!?静かにして」と寝てしまう。

私は「だってカーブがないんだよ」と独り言のように言って車を走らせながら左右の建物をよく見た。

やがて左手にコンビニが見えてきて、どこのコンビニだ?と思って通りすぎ、次にマックが見えた。

見たことある景色だなと思った瞬間どこにいるかわかった。先に左折した交差点を直進したとするとその次の交差点だった。

交差点を左折してからずっと直進して一度も曲がっていないし、カーブもなかったのに。。。

わかりにくいかも知れないが、左折する前の交差点を曲がらずに真っ直ぐ↑行くと次の交差点で私は左から→来たことになる。

何が起こったのかわからず、カーブがない、カーブが。。とずっとぶつぶつ繰り返していた。

後で友人に説明したれど、寝ぼけてて覚えていないと信じてもらえなかった。

普通に考えてもカーブや道を右折しなければその道に出ようがないのにいったいどうしてしまったのか

いまだに謎です。それ以降もその道を同じように通ってみましたが同じことは起こりませんでした。

私はワープしたと信じています。誰も信じてくれないけど。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

飲酒運転やめよ。

こわい

「ワープした!?」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード