二人の少年が病院の廃墟を探検しに出かけた際におきた話である。
その病院は、繁華街から少し離れた場所にある。
特に何かが出たという話は今まで聞いたことはなかったが、好奇心と怖い物見たさから少年たちは廃墟へ向かった。

廃墟の中には多くの病室があった。
病室にはベッドがあり、まるで誰かがさっきまで寝ていたように、かけ布団がめくれた状態でホコリをかぶっていた。
期待していたような怪奇現象に遭遇することはなかったが、お化け屋敷のような廃墟に、少年たちはワーワー言いながら騒いだ。

しかし、8階のある病室の前に来たとき、二人のはしゃぎ声が止まった。
この部屋はどうも様子が違う。他の部屋は扉が壊れていたり開けたままになっているのだが、その病室だけはしっかりと扉が閉まっているのだ。
さらにおかしなことは、南京錠がかけられていることだった。

何のためにこの病室だけ鍵をかけたのだろうか。
部屋の中には何があるのだろうか…。

少年たちは、その病室のドアを開けてみることに決めた。
『廃墟の封印された部屋』なんて、これほど好奇心をそそられるものはない。

二人は診察室からパイプ椅子を持ってきて、思いきり鍵を叩いた。
鍵は錆びていたようで、思ったより簡単に壊れた。

「死体があったらヤバいな…」
「それはないよ(笑)。あっても劇薬なんかだろ」

二人は緊張しながらドアを開けた。

部屋の中には死体も劇薬もなく、
ただ、部屋の壁に変な模様があるのが気になった。

遮光性のカーテンのせいか、部屋は薄暗い。
部屋の中央を見ると、シーツのような布が落ちていた。

一人の少年がカーテンを開け、鍵がかかっていなかったので窓も開けた。
部屋の中に光がさし込み、明るく照らされる。

次の瞬間、二人は絶句してしまった。

部屋の壁一面にびっしり、『たすけて』と書かれていたのだ。

それが変な模様の正体だった。

大小様々な『たすけて』の文字をよく見ると、所々に小さな文字で『しにたくない』と書かれている。

二人は部屋の中央に落ちていた布を恐る恐る指でつまんでみた。
その布には、錆びた鉄の色をした染みがついていた。
布の先を持って広げてみる。
ベリッ、バリッと音を立てながら、くっついていた布が広がった。

この色、この臭い…。この染みが何であるか予想できたが、決して口には出せなかった。
とにかく早くこの部屋を出たい!
少年たちが振り返ると、ドアが目に入っ

この怖い話はどうでしたか?

コメント

夜桜の怪さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード