小学生の頃に体験した話です。

私の住んでいたところには、近くにちょっとした山があり、友達とよく探検に行っていました。
親にはあまりそこの山には行くなと言われてましたが
言いつけを守らず楽しんでいました。

いつも通る道を抜け、山の峠から自分の住んでいる街を見たり
ある時はきれいな夕焼けを見たり、遠くに富士山が見えたり
その絶景が好きでした。

ある日、いつも通る道から奥まったところに、小さな祠を見つけ
なんだろう?と思いながら祠に行くと、その奥にさらに
細いけもの道のようなものを見つけ、好奇心からその道を辿っていきました。

友達はちょっと不気味がっていましたが、私は自分の地元ということもあって
大丈夫、大丈夫!と言ってワクワクしながらずんずん先頭きって先に進んでいきました。

どのくらい、歩いたでしょうか?
けもの道を抜け、目の前に、まるで昔話に出てくるような村が視界に広がっていました。

へえ~・・こんな山奥に…
私はなんだかひどく懐かしい気持ちにかられ、その山村に降りていきました。
友達が「帰ろうよ、ここ、なんか変じゃない?」というのを無視し
私はまたずんずん歩いて行きました。
村の中を、ウロウロし始めたのですが、やはりどこか何か変で。。
確かに、人が住んでいる様子はあるのに、
誰一人、いないのです。

急に恐くなって、友達と手をつないで、ダッシュして引き返そうとしたとき
ザザザーーッと大きな強い風が吹き荒れ、私はその場で転んでしまいました。
空を見上げると「ヴオオオオオオ~---」と
轟音のようなものが響き渡り、私は悲鳴を上げながら、友達と来た道を逃げました。

…が、私たちは途中迷ってしまい、なかなか祠を見つけられません。
だんだん暗くなっていくし、私たちはワアワア、泣き始めてしまいました。

「何しとる!?カナエ!」急に声をかけられて振り返ると
白いひげを生やしたおじいさんが立っていました。
どこかで見たような気がするけど思い出せなくて
「・・迷っちゃった。。」と泣きながら話したら
「これを持って行きなさい、さあ、早く!」と、何かの木の枝を渡されました。
「祠を通り過ぎるまで、決して振り向いてはいかん!何がいても目を合わせてはならん!」
と言われました。

どうして私の名前を知ってるんだろうと思いましたが、私たちは無我夢中で走りました。
やっと遠くに、祠を見つけて、私たちは「あ、あった、、」そう言い

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

こーゆう話はなんかロマンがあって好き

「山奥の不思議な村」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード