私は幼少の頃から所謂幽霊というものに出会い、触れ、時には殺されかけた事もありました。今回はその中で、私が心霊スポット巡りに行かなくなった理由をお話します。

車の免許を取ったばかりの頃、よく友人達とあてもなくドライブをしていました。
昼間はそれぞれバイト等で忙しいので繰り出すのは専ら夜。自然と心霊スポットに肝試しに行こうという話しになります。ただ、地元でも有名な心霊スポットをいくつまわっても何も感じず、何も起こらず、調子に乗っていたんだと思います。あの場所に行くまでは…。

その日は23時過ぎに集まり、A男、B男、C女、D女、私の5人で出発。車の中でA男がこれから行く心霊スポットについて解説していました。向かう先は昔の罪人の処刑場です。今は海岸線に隣接した公園になっているのですが、一番奥まで進むと処刑した罪人の首を洗っていた砂浜に出れるようで、そこまで行こうとの事でした。

A男の力説を適当に聞き流しなから現場に到着。公園の入口に車を停め時計を見ると、時間は0時を少し過ぎた頃でした。いつものように散歩気分で車を降りた瞬間、全身総毛立ちました。

なんだここは…。

公園の入口から奥に続く道、10mくらい先に自動販売機があるのですが、その更に奥に、人影がありました。

いる…。立っている…。こちらを向いているのか、背を向けているのか分からない。

他の4人は気付いていないようで、さあ行くぞー!!みたいな乗りで進もうとするのを慌てて遮りました。

私「ここはヤバい。やめよう。奥に居るよ?」

A男「おっ…お前、何びびってんだよ?そんなに怖いならここで待ってろよ!」

A男は私の呼び掛けに一瞬怯みましたが、女の子の前で強がったんだと思います。実際B男は固まり無言、C女、D女は泣きそうな顔をしていました。A男に少し頭きたんで本当に車待機してやろうかと思いましたが、他の3人が可哀想だったので結局私も行くはめに。進む順番は、A男、B男、C女、D女、私です。いつもこの順番…。

公園の脇道を進んで行きました。周りは草木が生い茂ってるようです。進む先にある自動販売機の明かりの奥に目を凝らしました。

確実にいる…。このまま進んだら鉢合わせになる。何事もなければいいのだが…。

自動販売機まで進むと、立っている人影が更に奥に移動している事に気付きました。ちょうど私たちが進んだ距離と同じくらい。

特に害意は無

この怖い話はどうでしたか?

コメント(9)

身体は大人、頭脳はお子様タイプが状況悪化させるのは世界共通のお約束

パックマンみたい

なんか心霊スポットっていうありふれたワードが出てきた時点で話の底が知れるというか読む気なくなる。しかも長編ってもうね。

パックマンやめろwwww

本当に霊感があるならばそもそも行かない

嘘です(^^)

>>結局、怖い思いしたり危害加えられるのは霊感ある人間 それはあるね。

心霊スポット行くのに明かりも持たない、携帯で代用もしないって時点でおつむが足りてない。 他の人が可哀想だから私もついて行ったっていうのも謎。Tさんならまだしも何しにくっついてったのやら…

これは本当ですか?

「もう心霊スポットには行かない」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード