僕含めて3人で樹海に行ったときの話
俺らがはいったところはゴミだらけで雑誌とかペットボトルとかいっぱい落ちてたのね。
目的は決して死体が見たいとかそういうのじゃなくて樹海独特の雰囲気を楽しみたかっただけなんだ。
入ってきたところに印つけて、迷わないようにズンズン森の中はいっていったんだ。
でもやっぱ「樹海」ってだけあって空気が重いっていうか、所詮思い込みなんだろうけど、
帰りたくなったんだよ。

そしたら友達Aが
A「おい、あれ誰?」
って太い木のほう指さしたんだよ。
Aは人を脅かしたりするのが好きだから、スルーしたんだけどBも

B「ちょい、ほんとにいるってwwwww」

俺「えー?」

って体曲げて木の後ろのぞいたらほんとうに
いた。 (人間)
なんつーか、18歳くらい?の若い男がいたんだよ。

ずっとこっち見てて、かなりビビった。
服装もなんか薄汚いっていうか、何か月も洗ってないって感じ。
四人とも固まってたんだけど、Aが

A「こんにちは~。そっちも樹海探索ですか?」って聞いたんだよ。

そしたらその男が首をゆっくり横に振ったんだ。
Bがちょっと後ずさりして、俺の後ろに隠れた。

A「よくここ来るんですか?なんなら一緒に歩きませんか?」
ってAが近寄ったらその男がものすごい速さで逃げた。

俺もAもBもマジでびっくりして、なにごとかと思うと、
もう少し先の太いきの影からまた俺たちのことをずっと見つめてきた。
B「ちょ・・・なんかおかしくない?」

俺「お、うん」

A「なんで逃げるんだろww」

俺「もうやめとこうぜ。終りにしよう」

A「あ、そうだなww」

Aがずっとにやにやしてて気持ち悪かったんだが、木の後ろにいる男のほうがずっと気持ち悪かった。
俺らが歩きだしたときに、後ろで物音がしたんだ。
振り返ると、さっきと同じ位置にまたそいつがいるんだよ。
またそいつとお見合い状態になってしまって、動くに動かなかった。
かなり怖くてもう俺おしっこ漏れそうになってた。BとAの手を引っ張ってすぐ出口に走った。

A「なにあれマジおかしいだろwwww」

B「なにあれ?人間だよな?」

俺「いや、知らんけどもう帰ろう」

振り向かないですぐに車に向かったんだよ。
車に乗り込んで、すぐクーラーつけた。

俺「あれなんだ?頭おかしいだろ・・・」

B「自

この怖い話はどうでしたか?

コメント(5)

題名と中身が違う

怖い

ねーねー、この話って寺生まれのTさん出てくるやつじゃなかったっけ?

題名の村って何?意味わかんないんだけど

クーラーのくだり、いる?

鬼門さんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード