もう10年以上前の話なんだけど、当時まだ二十前後だった私(W)と高校依頼の親友A男、一つ年下のAの後輩B男、Bの彼女で二つ年下のC子、Bの姉のD子の5人で地元で有名な心霊スポット巡りをしていた。
土曜の夜に集まって1・2箇所くらい噂で知った心霊スポットをみんなで回るといった感じだ。
 C子はこういった心霊スポットが大好きでA男B男もかなりノリノリ、D子は2回目くらいからの参加だったけど最初すごく嫌がってついてこなかったということもあり、現地に行っても中までは入らないといった感じで参加していた。
 私はD子が車の中に一人でいるのは怖いというので下心満々で付き添って中に入らない事が多かった。(D子は結構可愛いかった)
何度目かの時にとなりの市で有名な廃屋にいこうということになりいつものように5人で集まることになったんだけど、集まる前日にレンタルしていた映画をまとめて見ていて全く寝ていなかった。
 これは私だけかもしれないけど、寝不足や疲れが溜まると意識がふわふわしてきて、幻覚みたいなものが見えるようになってくるんだ、もちろんちょっと寝不足とかちょっと疲れてる程度じゃならない、もういつ意識がとんでもおかしくないくらい極限の状態だと思って欲しい。
 で、22時に集まって隣りの市まで寄り道をしたりして3時間くらいかけてワイワイと話しながら現地にいったんだ。
 私は金曜日の8時に起きてからその時まで実に40時間以上寝てない上に、バイトや学校も重なりかなり睡魔に襲われていたんだけど、車で移動中にやたら盛り上がってしまい仮眠すら取れなかった。
A男「車ではこれ以上進めないからこっからは歩きになるけどD子どうする?」 
D子「え?あー、みんないくならいくよ」
 車内で盛り上がった雰囲気が残っていたのか珍しくD子がついてくることになった。
B男「外暗いけど道迷わないかな?」
A男「大丈夫、バイト先の先輩が前にここに来てて行き方教えてもらったから」
私 「だったら全然怖くないじゃん」
C子「その情報いらんわー」
 こんな感じでフザけた会話をしながら準備していたライトを持って山沿いの道路を進んでいった。
 車を出てから50mくらい進んだら道路の脇に山の中に入っていく小道があってそれを登ると古い平屋の家があった。
C子「この家なんじゃない?」
A男「いや、先輩曰くこの先にもう一件家があってそっちらしい」
 私たちは小道を更に奥へと進んで

この怖い話はどうでしたか?

コメント(18)

全く内容入ってこねぇw 人物と体験の描写がマジであかんわ。 それを4ページも書くもんだから、これはヒドイ。

嫁w

そ.んな.女.を嫁にできるなw

E子=D子なのかな?

リアリティ無さすぎ。

ん〜 『俺』と『私』どっちかに統一しましょう。 途中に出て来るE子って誰? 最初の説明には『W,A,B,C,D』だけだったはずだが...

これはスタンドですな。 スタンド名は満腹爺

幽霊は幽霊を食べれるんですねぇ~

よーみーづーらーい

「廃屋でみた幽霊より怖いもの」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード