この話は、冗談でも釣りでも笑い事でもない、ので、真面目に読んでください、

三年前、俺は仕事もはかどっていて、お金もあって、不自由なしに、東京目黒区に住んでいた、
その時五年くらい付き合ってた彼女(まきこ、)がいて、結婚も考えていた、

不自由なしに幸せにできる日が来たと思って、
プロポーズしたら、OKがでた、舞い上がった、でも、、まきこには、6歳、連れ子がいた、元彼の子供なのだが、無理矢理押さえつけられて、
自分の子供じゃないからと捨てることもできず、


俺にも相談できずにいたそうだ、でも、子供好きな俺は、何も気にせず、

この子も幸せにと思っていた

その子男の子(ようたろう、)何だけど、
仮面ライダーとか好きでさ、
いろいろ、教えてくれて、

一緒にビデオ見たりして、1ヶ月くらい、

実してたんだけど、急に嫌がらせを受けるようになった

うちの前にカエルをぐちゃぐちゃにしたものがあったり、
犬の糞みたいなものをドアノブにつけられたり、
いろいろ、迷惑していた、
朝から夜まで俺は仕事で家にいない、
まきこは昼から夕方までパート、
ようたろうは昼から夕方まで幼稚園、
誰もうちに居ないあいだに嫌がらせをされていた、

土日はそんなことゎなかった、
土曜日の日も時々あるかないかくらい、
平日は毎日嫌がらせを受けていた、
でも、警察に言おうとは思わなかった、だって、もう呆れてもの言えないのと、
疲れてて面倒くさい思い出いっぱいだった、それはまきこも同じだった


ようたろうやまきこに何もないだけましかと思っていたしね、そして、よるうちにかえるとドアの前にうんこが散らばっていた
しかも、下痢、「ご飯中の方申し訳ありません」

玄関先で「まきこーーーうちの前にうんこが」

まきこ「はいはい、おかえりなさい、」

俺「うんこが」

まきこ「ちょっと。。大声でやめてよ、ご飯中の方もいるんだから、」

俺「あーー、ごめんごめんごめん、」

まきこ「なにこれ、いやだー汚い、また?もういい加減警察に、、、」

俺「なんか、ふくもんねぇか?俺ふいとくから」

まきこ「はい、、、手洗ってよ」

俺「ぅん、」

こんなやりとりが毎日続いた、
そんなある日

まきこ「しばらく実家に帰るわね」

俺「なんで?」

まきこ「もう、精神的に無理よ」

俺「ちょっとまってくれよ、俺がどうにかするから」

まきこ「もうそれ、聞きあきたわよ、ようたろ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

ようたろうくんは優しい子です! お父さん、愛情いっぱいかけてあげてくださいね!

ヨタロウ君を愛情いっぱい捧げて下さいね。

真面目に聞いてください笑笑 それは読み手が判断することでは笑

小学生の創作って大体が句点の使い方おかしいよね

「連れ子」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード