これからお話しする事は実体験であり、
あの子を見た人は私の知り合いにも、
数人います。

あれを見たのは、

私が独り暮らしをし始めて、少しした夏の初め頃の話です。

大学に入り、
ワンルームのアパートを借りて、生活にも慣れて友達もでき、
もうすぐ夏休みという大学1年の夏の夜だったと思います。

友達二人がウチのアパートに泊まりに来た夜の事でした。
その日は、ちょうど梅雨が明けてとても蒸し暑い夜でした。

何となく三人で飲もうって事になって、ウチで飲む事になったのですが、
男三人で飲みながら、それぞれの地元の都市伝説やら、怖い話やら、恋話なんかをしながら、三人ともかなりお酒が進み、
一人、また一人と寝てしまいました。

自分で言うのも微妙ですが、私はどちらかと言えば、お酒が飲める方なので、
友達二人が、寝た後も残りのお酒がもったいないのもあって、一人で、テレビを見ながら、飲んでいました。

ただ....友達二人も、いつもはそんなに、弱い方ではないのに、今思えば、その日は潰れるのが早かった様に思います。
一人で飲んで居たのが、どれ位かは覚えていないのですが、私もいつの間にか寝てしまった様で、

.... ソレ?が居ることに気が着いたのは、
明け方位だったと思います。
確かに酔ってはいましたが、確かに居たんですよ。
友達の一人も丁度起きてしまい、
一緒に見てしまったので、多分、間違いないと思います。

.... 先に気付いてしまったのは、私でした。
真っ暗な私の部屋の消し忘れたテレビの画面に、小さな赤いモノが浮かび上がって見えました。

酔っていた私は、最初それが何か分からずに、
これは絶対に、ヤバいモノだとは分かりましたが、
体が動きませんでした。
そこで、隣で寝ていた友達の方を見ると、
そいつも、目線だけこちらに向け、何か訴えようとしているのは、分かりましたが、
言葉は発っせない様でした。

私は勇気を振り絞り、
もう一度、その赤いものに目を向けると、

ソレの正体が分かったのですが。

.... ソレは首から上だけの小さな女の子の
頭に着けた大きな赤いリボンでした。
目が合ってしまった. .
っと思った瞬間、

彼女は大きく目を見開き、私に言いました。...

「デンキヲタイセツニネ、ジャンッ! 」

皆さんは覚えているでしょうか?
ポニーテールに赤い大きなリボンの女の子。
でんこちゃん、最近見ないですよね

この怖い話はどうでしたか?

コメント(6)

間違いない。

怖いし、確実に実話だ

実話だな。

居たね〜見た事ある

おぉ!!

そ~きたか

「夏の夜のはなしです」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード