社会人になって十年目。同期は30人程。
一番仲の良いA君は漁村から就職してきました。普段は無口なA君ですが、お酒が入ると饒舌になります。
とくに自分が体験した怖い話をよく話してくれます。
これは彼から聞いた話の中で、怖いというか、不思議だなあと感じた話。

「僕は漁師町出身だけど、父は漁師ではなく役場の職員。でも親戚には漁師が多いんだ。

中学生くらいから夏休みになると、小遣い稼ぎに漁師の親戚の家にアルバイトに行っていたよ。
高校生になると漁に出るのを手伝うようになった。

そこの家はいわゆるモグリで、漁をする許可をとっていないから、夜にこっそり漁をするんだ。
普通漁は満月の前後三日間くらいしないようになっている。海の上が明るいから魚に船の存在が分かってしまい、魚がかからないって子供の頃から聞いていた。
でもその家はモグリだから満月関係なく漁をする。満月に漁に出て、驚くことに魚は普通に獲れた。
僕は、なんだ魚獲れるじゃんと思ったよ。普段より明るいから、スムーズに漁もできる。なんでみんな満月に漁をしないんだろうとまで思ったよ。
でもそれは満月休みの三日目に起こった。

その日は天気も良く、雲ひとつない夜空に丸い月と無数の星。魚もよく獲れる。
作業中は手元ばかり見てるんだけど、ときどきフッと暗くなる。しばらくすると明るくはなるんだけど、空には雲ひとつないから月が隠れてるわけではない。
沖に出てるから山や岩の影ってわけでもない。船の電気も普通に点いている。
周りを見てもみんな普通に作業しているし、僕も気にせず作業することにした。

1〜2時間もした頃だろうか、またフッと暗くなった。でも今度はいくら待っても明るくならない。
僕はあれー?っと思って親戚のおじさんの方を見た。すると『A!!下向いて目ェ閉じとけ!!良いって言うまで閉じとけ!!』と叫ばれた。
僕は何が何だか分からないけど、とりあえず従おうと思った。
でも周りのみんなも同じようにしているかが気になって、横に立っていたおじさんの息子をチラッと見た。おじさんの息子は震えながら目を閉じている。

僕はそれを見てしまったことを後悔したよ。
その肩ごしに、海の向こうに、無数の黒く丸い何かが、浮き沈みしながらこっちに向かってきていた。

人が泳いでる?って思ったけど、そんなことないよな。夜中の0時も回っているのに。

慌てて目を閉じたよ。これ以上ないくらいぎゅっと。

すると

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

これあかんやつや

こわい、、

「海町から来たA君の話①」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード