」すべてが一本の線となったとき、私の目からは涙が止まりませんでした。亡くなった子供達への深い悲しみと同情、私がしてしまった事への申し訳なさで。
彼女との食事はあまり気が進まなかったのですが、どうしても話したいことがあるということで近くの洋食屋さんに行きました。この話によって私の推測は裏付けられました。彼女の担当する子供さんの母親が、私の車の前オーナーと知り合いだったらしく、その当時の話を聞かせてくれたそうです。やはり私の推測どおり子供達は車の中で亡くなっていました。両親は小さな子供達を車に残しパチンコに興じていたそうです。数時間もの間地獄のような暑さの中で親の帰りを待っていたそうです。窓には助けを呼びたかったのか、無数の叩いた痕が残っていたそうです。
レストランで私は周りを憚らず泣いてしまいました。その両親への怒りと、今なお車の中で両親を待ち続ける子供達の純粋さに。
帰り道、応急処置した窓のビニールをバタバタとさせながら、「ごめんな」とつぶやくと、「いいよ」とでも言うかのように車のハンドルがほんの少し左右にぶれました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(18)

悲しい話ですね。子供達が不憫でしょうがないです。大変だとは思いますが、どうかこれからもその車を可愛がって乗って欲しいですね。

自分も、2児の親ですが泣けました。子供に関する事件や事故がなくなってほしいと、心から、思います。

むっちゃ泣ける…今でもその車に乗っていますか❓

子供たちが不憫で可哀想で 涙がこぼれた…手厚く供養をしてあげたのかな…

ごめん、長すぎて疲れた

皆、この話読んでね!

これ映画にしてほしいわ…

怪談話かと思ったら、、泣けました

泣けるなぁ…

おっさんさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード