この話はもう15年ほど前の話です。

まだ若かった私はよく出会い系で知り合った女性や男性と遊んでいました。その時優しくてかっこいい男性と出会ってその人と合う約束をしてしまい。

少し遠かったにも関わらず電車を利用して遊びに行く事になったんです。

夕方に出て付くのは夜くらいだろうと余裕を持って電車の中で寝てしまいました。

それから三時間くらい立ったんでしょうか。終電の音で目が覚めて急いで降りるとそこは風乃駅(かぜのえき)と書いてありました。

私はそんな駅の名前を聞いたことも見たこともありません。

駅員さんも人すら居らず一人ぼっちになってかえる道すらわからず。

出会い系で知り合った男性に電話をかけてみたんですけど「そんな駅ないよ!ちゃんと用事が出来たなら出来た。来たくなくなったなら来たくないってはっきり言えよ。嘘つかずにさ」って信じてもらえる用な自信など掻き消すように怒鳴られました。

電話を切ったあとこいつはダメだなと思い。彼氏に連絡をして迎えに来てもらおうと電話しましたが。繋がらず…家族も繋がらず…

仕方なく少しウロウロして110番にかけてみたんですがイタズラだと思われ扱ってもらえず。

でもその時ここは私だけに見える世界なんじゃないかと思うと若い私にとっては興味をそそりそのまま一人るんるんで駅を出てみました。

駅を出て真っ暗な道路?住宅街?よくわからない場所を歩きながら「さっちゃんはねさちこっていうんだほんとはね。だけどちっちゃいから自分のことさっちゃんって呼ぶんだよ♪」さっちゃんの歌を歌ってスキップをしていました。

その時電気の付いた住宅街がいっぱい見えてきました。それでまた私はるんるん♪♪

とりあえず人を見たくて家を片っ端から「ピンポーン」しまくり。
でも誰も出てきませんでした。

寒いし誰がに見られてるような気配を感じて近くの家の前に行きドアノブを掴みました。

「ガチャ」「わっ!!!やったー開いたーおじゃまんぼすまんごー」靴はちゃんと脱いで揃えて入りました。


なんと言っても暖かくて眠気が襲うほどゆっくりくつろげる家でした。

古くなくて最近建てたばかりのような外見と中身。まるでドラマで使われる家のような感じです、
ソファーに座ってテレビを見てるとお腹が空いてしまって冷蔵庫を開けると。

お肉が大量に入ってて。嬉しくなってお肉を焼いて冷蔵庫の横の棚に並べてあるワインを1つあけました。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(11)

萎えるわーw

なんか…ウソっぽい

どした?

作った物語がばればれなので 途中で読むの止めました

この話きらい

うん、これは間違いなく作り話だねw しかも言語も内容もおかしいし、つまんねーよww

よぉ勝手に肉食えるわw

彼氏いるのに他の男と遊ぶなよ

何このチープな作り話w

・*゚ゆきさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード