この話は、私がまだ大学生の頃、とある7階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをしていた時の話です。

そのビルは、警備室が1階の正面玄関脇にあり、各階のエレベーター前に監視カメラが付いていて、
警備室の集中モニターで監視するシステムになっていました。
主な仕事の内容は、モニターの監視と定時の各階の見回りです。

その夜は30代のAさんと二人で勤務していました。
私が午前1時の見回りを終えて警備室に戻ってくると、Aさんがモニターを凝視していました。
Aさん「4階のモニターが真っ暗なんだよね。エレベーター前の照明切れてた?」
私「あれ、ほんとだ。照明切れてる階はありませんでしたけど…」
夜間は店舗の照明は落としてますが、監視の為にエレベーター前の照明だけつけています。
Aさん「俺ちょっと見てくるわ」
Aさんは警備室を出ていきました。
私は変だなと思いながらも、特に深く考えず、椅子に座って見回りの日誌を書き始めました。

日誌を書き終えた頃、ふとモニターに目をやると、4階のモニターが真っ暗…というより、真っ黒になっていました。
これは照明が切れているというより、監視カメラ自体の故障だと思い、Aさんに知らせる為に私も警備室を出ました。
エレベーターで4階に着くと、エレベーター前の照明はついていました。
やっぱり監視カメラだなと思いながら辺りを見まわしましたが、Aさんが居ません。
Aさんを呼びながら廊下を歩いて非常トビラまで行きましたが居ませんでした。
店舗は全て施錠しているので入れません。
おかしいなと思いながらエレベーターに乗って1階に戻りました。

警備室に戻るとAさんが居ました。
Aさん「4階の照明切れてなかったわ。監視カメラの故障だな。お前どこ行ってたんだ?」
私「それを伝えに4階行ったんですよ!Aさんこそどこに行ってたんですか!?」
Aさん「わりぃわりぃ、業者に修理依頼出すのに監視カメラの型式番号いるな。ちょっと見てきてくれ」
私「分かりましたよ…」
警備室を出てエレベーターに乗りこみ、4階のボタンを押す。
トビラが閉まる直前で慌てて手を入れエレベーターから出ました。
監視カメラは天井近くの壁に付いているので脚立がいる。警備室に脚立を取りに戻りました。

再び警備室に戻るとまたAさんが居ない…。
まったくあの人はしょうがないなと思いながら、脚立を取って警備室から出ようとした時、ある事に気付きました。
さっきAさん

この怖い話はどうでしたか?

コメント(20)

この規模のビルなら少なくとも2基はある…

こわすぎ、、、、

本当にあった怖い話で読みました

強い怨みの念は、相当、ヤバイと思いらせました。

あんまりかな

すごく怖いねーー夢に出そうだよー 書き方うますぎる

すげーな助けられたかもしれないのに助けなかったって事だろ?そういう奴と一緒に仕事したくね〜w

エレベーターが1つしかないなら1度は7階から降りるの見るはずだろ

すごく怖いねーー夢に出そうだよー 書き方うますぎる

「やっぱり連れて行かれたんだな」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード