もう10年前にになるが、私は事情があり一人暮らしをせざるを得なくなったので、
7歳になる猫と一緒に暮らせるマンションを探したのだが、
ペット可のマンションは大抵犬がOKという意味らしく、猫OKという物件は見当たらなかった。

そんな中、ここも基本的には猫NGだが、
外に出さないならいい、と言ってくれた物件があり、即入居を決めた。
うちの子は外が大嫌いで、出ようとしても出ない猫だったので好都合だった。

築年数はかなりで昭和後半の建物だが、
部屋はリノベーションされていてそこそこ広く快適で、かなり気に入って住んでいた。

住みはじめて2年たった頃、猫が亡くなってしまった。
仕方のないことだが、二人で暮らしてきた家族だったので私は病み、鬱状態になり仕事も休んで引きこもっていた。

毎日ろくにご飯も食べず、死んだ猫の名前を呼んで泣いていると、ある晩のこと、
天井の端のほうからパシンパシン!と乾いた音がし始めた。
泣いていた私は、上の人がうるさいなぁくらいしか思わず、泣き続けていると
壁からドンドンと音がする。

多分おかしくなっていた私は、これも無視してベッドで泣いていると

カチャン、カチャン、カチャカチャとテレビのあたりから音がし始めた。

さすがにおかしいと思い、視線をテレビのほうに向けると

ビデオデッキの電源がひとりでについたり消えたりしていた。。。

これで我に返り、泣くのを止めてビデオデッキのコンセントを抜いて
ベッドに潜り込んでね逃げした。

翌日目を覚ましてお水を飲もうと冷蔵庫を開けると、何かおかしい。
冷蔵庫が20センチほど前進しているではないか!

沸き上がる恐怖を無視するかのように自力で冷蔵庫を押し込み

ドアを開けてトイレに行こうとすると。。。

トイレの隣に設置してある洗濯機の前、
短い廊下の真ん中に洗濯粉石鹸がぶちまけてあった!

洗濯粉石鹸は落ちない場所に置いてあったので、これには驚いたが
ここでも私は恐怖に蓋して無視を決め込んだ。

そんなことがあってからしばらくして
夕方から仕事だった私が惰眠を貪っていた午前中に、警察車両、または消防車が
立て続けに至近距離で止まることがあり
さすがに無視できなくなってベランダに出ると

パトカーから「6階の方、部屋に戻って下さい」とメガホンで指示されてしまった。

合計6台の警察車両に囲まれ、侵入禁止の黄色いテープが張られ
一体何が起きて

この怖い話はどうでしたか?

コメント(8)

よう分からん

なんか、、、うん。全然わからない!

余命30ヶ月って(笑)その医者はヤブですか?それとも著者の妄想ですか?(笑)

よくわからない

よくわからない

結局欠陥住宅でした~すみません。

にゃんこは身代わりか… 完全部屋飼いで9年は短いよな…(´・・`)

結局何が言いたいのか

ナポレターナさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード