今から、20年前位の話し。
当時付き合ってた彼氏と、伊香保の温泉に行った帰りの途中に、道の駅でもないんだけど、昔の駄菓子屋が集まってる大きなお店に入ってみた。

余り記憶に残ってないんだけど、中は広く観光客もいた。
昔の懐かしい、お菓子や、置物。

途中、トイレに行きたくなった私は、彼にトイレの前に待っててもらい、トイレに入った。
用も終わり、出口からでたら。。ん?
彼がいない。 少し辺りを見回す。
そして、迷子になった様にウロウロする私。
良く考えると、周りの感じも何故か違う。

すると、トイレの近くにいたスーツを着た男性が私に、 「迷子になってませんか?」
私は、「はい。」って少し戸惑いながら、答えた。 そしたら、その男性が「もう一度トイレに入って、もう1つのドアから、出て下さい。」って。 私は、少し半べそをかきながら、言われるままに、トイレに戻り違うドアから外に出る。 その間15分位だったと思う。
ドアを開けて 待ってたのは、少し
イライラしてた彼氏。 今迄の話しをして、許してもらったけど、不思議でならない。
何故、トイレに入口のドアが2個もあったのか。 スーツ着てた男性は?
20年たった今でも、不思議でならないし、なんか、懐かしい思い出。。
みなさん、分かったら教えて下さいね。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(153)

あーそれ多分狐です!

よくわからなかった

そのスーツの男性、優しい人で良かったじゃないですか。。。 怖い。

どこでもドアの行きたい場所選べないドアバージョンだね

彼氏その位でイライラすんなw

異世界のおっさん…

よくわからなかった

作った話にここまで本気で話し合わなくてもよくね

普通でした。

「不思議」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード