これは有名な話なので、聞いたことある方も多いだろう。

ある登山者が、5人でパーティーを組んで冬山を登っていた。ところが、天候が急変し雪崩に巻き込まれてしまう。
どうにか4人は助かったのだが、一人は命を落としてしまった。
4人は、その1人を担ぎ下山を試みるが、
吹雪にあい、とにかく身を守るために、安全な場所を探した。
少し歩くと、古く使われなくなった山小屋を見つける。
山小屋には、暖をとる為の道具はなく、
ぼろぼろになった、毛布が一枚だけ残っていた。
1人が、「眠いよ、とても眠い」と、
座り込み、うとうとし始めた。
しかし、眠ってしまうのは危険だった。
どうにかして、休みたい、でも全員が一枚の毛布にくるまって眠ることは厳しい、
もう1人が提案した。
「そうだ、誰か1人が起きて、左回りに次の奴を起こそう、順番に30分ずつ睡眠を取ることにしよう」
その提案は、すぐに取り入れられた。
1人ずつ、30分ずつ眠り次の人を起こして行く、先ずリーダーが起きていた。
30分して、壁にもたれる1人を起こしに、肩を叩いた。
リーダーはようやく眠りに入る。
そして、また30分して、次の人が壁の隅にもたれる1人を起こしに掛かる、こうして壁づたいに全員が1人を起こして行く。
翌朝まで続けられた。
誰も凍てつくことはなく、無事に夜があけた。
4人は、少しずつ休めたおかげで、少し元気を取り戻していた。
四隅にもたれて4人は座っていたわけだが、
1人、命を落とした仲間は真ん中に寝かされていた。
4人はこの仲間を山小屋に残すことしか出来ない、なぜなら、下山するのに、自分の命を守ることだけが、精一杯の天候は続いていたからだ。
4人は仲間に手をあわせ、頭を垂れた。
申し訳なさと、悲しみが彼らを襲うが、どうにも出来ない現実はそれ以上に強かった。
下山する中、天候は安定して来て、また彼らに精神的ゆとりを取り戻させていた。
仲間の1人の死を下山した彼らは、すぐに届け出て、遺体となった仲間も後に家族の元に帰る。

さて、この四隅の怪には、
あり得ないことがある。
4人が順番に隣の人の肩を叩き、続けることは、本来不可能。
A→B→C→Dとここまではいい、
さて、順番からAの肩を叩けるのは誰だ?
図にすれば分かりやすいが、Aの肩を叩くのは、もう1人5人目の人間が必要である。

4人の間で、下山後話題となった。
みんな震え上がったという、もう1人はきっとこの亡くな

この怖い話はどうでしたか?

コメント(8)

上の方の匿名の奴が知ったかしてるけど、これ文中に「壁づたいに」ってあるんだから四角形の部屋なら対角線状の壁がない限り中央を通って斜めに進むはずがないんだよね 人の理解力云々言う前にコイツは読解力がないなぁ 見事な恥晒し

これって、五人いなくてもできるんじゃない? Dが起きて次にAを起こせば…

1人が30分起きて、次の人を起こすですよね? 30分寝て次の人を起こすなんて一緒に寝てるんだから そっちの方が不可能ですよ。 それに4隅4カ所で4人の中の1人が 起きていて次の人を起こすのであれば 4人でも可能です。

確かに聞いた事ある

世にも奇妙な物語であった話だろ?でも君はこの話の怖いところを全くわかってない。この話の怖いところは主人公が無意識のうちに自分で友達の死を受け入れずに自ら友人の幽霊を作り出していたところにあるんだよ。4隅に仲間を配置して互いに起こし合うときも主人公は無意識のうちに斜めに移動して仲間を起こしてるのにその意識がないからあたかももう一人いたかのように錯覚してるの。理解力がないなぁ。

意味がわからない

一箇所におれっ!

寝るってところに無理があるような…ぐるぐる回って誰も眠らせないようにするならともかく、Bが起こされて次のところに移動しCを起こしたら、Cもまた移動しないといけないから眠るのはほとんどが無理。山小屋の端から端まで歩くのに30分かかるなら問題なし。

「四隅の怪」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード