これは今から3年前に友達のサチとその彼氏、友達のユキ、そしてユキの彼氏も含めた4人で、体験した話である。
友達本人の言葉そのままに書きます。

本栖湖の湖畔は、その夜、風ひとつなく、
穏やかすぎるほどの波が寄せていたような気がする。
私達4人で、湖畔に車を走らせていたんだ。
どんな会話をかわしていたのかは、よく覚えてないけど、ただ、私達は映画が好きだったから、彼氏の録音してきたある映画の
オリジナル・サウンドトラックのテープをかけていたの。イタリア映画の主題曲で、その流れるような旋律だけは、はっきりと覚えているわ。
曲の終わりが近づいた頃だったかと思う。
「あれっ……」
ハンドルを握っていた彼氏の公介が、声をあげたの。
無理も無いのよ、道が途中で終わっていたんだから。
ううん、終わっているというのは、少しばかり説明不足ね。
道を遮断するように、雲をつくような大きな壁が出来てたの。
「湖畔って一周出来なかったっけ」
と、後部座席にいたユキが呟いたの。
確かにユキの言う通りで、私達は、これまでに何回か本栖湖には来ているけど、道を塞いでしまうような壁なんか、一度も見てないの。
道路工事か何かのために造ったものでもなさそうで。
というのも、その壁はコンクリートを応急的に塗り固めたものなんかじゃなくて、いかめしい煉瓦を丁寧に積み上げたもので、
からまっている蔦のぐあいからしても、かなり古くからあったとしか思えないものだったわ。
「変だなぁ……」
首をひねっていたところ、私達の視界に、ひとつの人影が入ってきた。
それが、なんとも妙なんだけど、壁を這っている蔦のなかから現れたような気がして。
緑濃い蔦の奥に扉があるようには見えなかったけど、ともかく、ひとりの人物が壁を背にしてゆっくりと歩いて来たんだ。
初老の男性だった。
これといって特徴はなかったけど、ひとつだけ、右足をつらそうに引きずってた。
服装は……なんといったらいいのか……中学や高校に通っている男子の詰襟みたいで、色は黒じゃなくて、もっと薄汚れたような風合いの服だった。
「別の道から、行こうよ」
なんとなく薄気味悪くなった私は、公介に
そう促したの。
たぶん、公介も、私と同じような気持ちでいたんじゃないかな、ギヤをバックに入れると、焦ったような手つきで車の向きを変え、アクセルを思いっきりふかしながら、来た道を戻り始めたんだ。
けど、無駄な努力だったのかも。
少し走ると

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

なんだかオネエが語ってるような文章だと思ったの

なんか喋り方が恐怖感をなくしている気がするのは俺だけか?

✕ギヤ→〇ギア ✕ロウ→〇ロー

がるるるるって、、、

「壁⁉」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード