ある夜。仕事を終えたSさんは、自宅へ向かう大通りを歩いていた。その道は若干遠回りだが、時間も時間だし、敢えてその道を選んだ。その日は、なかなか仕事が終わらず、会社を出た時にはもう、かなり遅い時間になっていた。さすがに歩いている人は誰も居ない。
でも、そんなこと気にするゆとりもないほど、Sさんは疲れていた。
頭にあったのは、ただ、自宅の柔らかいふとんで、ぐっすり眠ることだけだった。
しかし、一つだけ徹底したのは大通りを通ること。何故なら、Sさんの自宅へ帰る
近道には街灯もほとん無く、昼間でもどこか湿気を帯びた、暗い雰囲気を漂わせていた。
そこで、暗闇が苦手なSさんは、遅くなればなるほど、明るい道を選んで、大通りを使った。
大通りには、2駅分のバス停があったが、さすがに、その時間は運行していない。
それでもやはり、この遅い時間、Sさんはなんとも表しがたい緊張感の中、足は自然に速まる。
けれども、そんなSさんの気持ちをふみにじるような、事は起きた!
自宅の最寄りのバス停に近づいた時、
クラクションを鳴らしながら、向こうから、自動車がやって来るようだ、Sさんは、疲れていたせいか、瞬間には何も感じ無かったが、バス停にSさんが差し掛かった時、それも停車した。
中には、女性や男性、若い人からお年寄りまで、とても混んだバスだった。
「ああ、深夜バスか」
Sさんは、バスの横を通り過ぎようとして、もう一度中を見てしまった、何かおかしい、全員が同じ向きに、こちら側を見ながら、青白い顔で立っていた。
バスは停車しているのに、乗る人も降りる人も居ない、いや、Sさんが乗り込むことをまるで待っているみたいだ。
Sさんは、恐怖を感じて、一目散に駆け出し、疲れていることも忘れ、振り返ることもせずに、家に飛び込んだ。
家に着いて、飛び込んだ時、耳元でまたあの奇妙なクラクションが鳴った気がした。
ドアを閉める際に、
「コンドは、逃ガサナイから……。」
風が耳を通り抜けるように、冷たい空気から聞こえた気がした。
Sさんは知らなかった、大通りにも恐怖があることを。
明るさに騙されないデ、そして深夜バス詐欺に引っ掛からないで。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

深夜バス詐欺ってなんだ?

何が言いたいんだw

「バス停」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード