丁度、今日みたいに雨が降っていて、静かな日の話です。


私はAと長電話をしている時でした。



Aが喋っている後ろで女の子の
はしゃいでいる声が聞こえます。



お互い、いい年しているので、姪とかが来ているのかな?と疑問に思い、

「女の子の声が聞こえるけど、
姪かなんか来てんの?」
と聞いてみました。

するとAが驚いて「咲蘭ヤッパリあんたは感が鋭いね。」

「どういう意味?」

「んーと…連れて来ちゃったみたいでさ〜」
なーんて平和ボケした声で言うのです。

「ヤベーなど〜すんのよー」

「明日、寺行ってお祓いしてもらうつもり。一緒にいこ〜よ」

と寺にいく約束してしまいました。w


次の日、私は駅でAを待って居ると、女の子がこっちに走って来ます。

どうしたんだろう?

何かあったのか…な?

にしても…あの子がこっちにくるたんびに変な感じだしな…


まさかの…まさかで…この世の者じゃ無いかもな…

なんて考えていたらその女の子は私を指差して、
「気をつけろ、寺には気をつけろ」

そんな事を行って消えてしまいました。
私はヘナヘナとその場に座ってしまいました。
カッコ悪い。
アホか…自分…

この怖い話はどうでしたか?

コメント(10)

ん?守護霊? (゜Д゜≡゜Д゜)?

意味不~?てか、怖○ない!

あgjjkdghbvjnkjv

途中

どーゆーこと?

わたしも意味わからん…

文が途中で終ってる…その後は?

寺に行ったらAに殺されるとか??

どうなったの? 寺に行って

「守護霊様」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード