同じ会社で働く真弓は私と同期だ。背が高く、モデル並みにスタイルがいいのだが、性格は引っ込み思案で暗い。職場でも特別に仲がいい人間はいないらしく、孤立している。

真弓は俗に言うスマホ依存症だ。仕事中、パソコンと向き合っている時も、トイレに行く時も、昼休みもスマホをずっと弄っている。仕事が終わればまずスマホを確認し、その足でエレベーターに向かう。

そんな彼女の様子を横目でチラリと見たことがあったのだが、どうもメールを打っているようだ。

暗い性格の真弓に、彼氏がいるのだろうか。あんなにもスマホと睨めっこしているのだから、きっと彼氏と連絡を取り合っているに違いない。彼氏と別れたばかりの私は、女としての軽い嫉妬を感じるようになっていた。

ある日のこと。私と真弓は夜遅くまで二人で残業をしていた。ふと見ると、やはり真弓はパソコンから目を離し、スマホを弄っていた。

「……ねえ、真弓。スマホは仕事が終わってからでもいいんじゃない?」

真弓のデスクに向かって声を掛けた。真弓はゆっくりと顔を上げ、パソコン越しにジッとこちらを見た。

「ごめん。でも、どうしても返さなくちゃならないメールがあって」

「どうせ彼氏からのメールでしょ。仕事が終わってからでいいじゃない。今はとにかく次の会議で使う資料をーーー」

「そうじゃないの」

私の言葉を遮るように言うと、真弓はカタンと立ち上がった。そして足音も立てず、静かに近付いてきた。目を見開いて。

「二年前の、夏のことよ」

二年前の夏のこと。真弓には付き合っている男性がいた。彼は大のオカルト好きで、毎年夏になると心霊スポットに出掛けることが趣味だった。

その日も彼氏に付き合わされ、とある小さな町にあるトンネルへと車で向かっていた。そこは地元では有名な心霊スポットであり、夜な夜な子どもの声がするとか、悲鳴が聞こえたという噂が絶えないのだという。

真弓は心霊やオカルトが苦手だった。だから本当は行きたくなかったのだが、彼氏があまりにもしつこく誘うので、とうとう根負けしたのだった。

しかし。いよいよトンネル付近に近付いてきたところで、真弓は早くも弱音を吐いた。

「やだ。やっぱり行かない。怖いもん。帰ろうよ、ねえ」

「何言ってんだ。もう着くよ。目と鼻の先だぜ?」

「やだ!私、やっぱり行きたくない。ここで停めて。車の中で待ってるから、行くなら剛だけで行って」

「ったく、仕方ない

この怖い話はどうでしたか?

コメント(11)

警官無神経だな

携帯を買い換えてアドレスを変えようよ

トンネルが遊び場って.... メール返さんかったらどうなるんでしょうか

寝てないってこと?

毎日常にメールの事気にしなきゃいけないのは可哀想

いつメールが来るかわからないから瞬きしてる暇もないってことかな?

真弓さんは瞬きしてないんですか~ やばいねぇ~

逝っちゃえば楽になれるのに。

心霊についてあんまり詳しくないので教えてほしいのですが瞬きしないのは何かの信号なのでしょうか⁇

「依存症。」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード