大きな音がして車内が揺れた。
先輩はとっさに急ブレーキを踏んでしまい、後続の車からクラクションが鳴り響いた。

先輩「えっ何!?今の何なん??」
R(先輩の彼女)「とりあえずコンビニ入ろ!後ろの車に迷惑だし!」
自分にも何がなんだかさっぱりだった。鳥か何かかな?でも有り得るか、そんなコト…

考えている内に、車はコンビニに入った。
急いで車から降り屋根を確認するが、ヘコんでいる様子はない。
携帯のライトで照らしても、傷がついたような跡は見当たらなかった。
先輩「おかしいなぁ。絶対何か落ちてきたよなぁ!なぁ!」

何が起きたのか全く検討がつかず、車の周りや近くの道路をウロウロしていたら、
Sが降りてきていないコトに気づいた。
車に戻り、Sに「どうした?」と聞くが返事が無い。うつ向いて少し震えている気がした。
変な胸騒ぎがして強めに肩を揺すって、「おいどうしたんなお前!!」と叫んだ。
Sはしゃがれた声で、
「ついてきとる」と呟いた。

Sの一言に自分は正気を失った。
「ついてきとるって何なん!?お前あれ嘘だったんと違うんか!!」
Sは青ざめて震えている。先輩の彼女も泣き出してしまった。

とりあえず落ち着こうというコトで、コンビニで暖かい飲み物を買って与え、少しずつ話してもらった。
S「ハナッからヤバかったんじゃ、あの場所は。
 バリケードあったじゃろ?
 あれ、わざわざ林の奥まで逸れたのは、有刺鉄線があったからじゃなくて、
 バリケードのすぐ向こうに、人が立っとったからなんよ…
 お前には見えてなかったみたいだから、何も言えんかったけど、
 あそこで行くのヤメようて言ったら、糞カッコ悪いやん。

 バリケード越えても、霊はウジャウジャおったよ。林の中や林道に立ってた。
 でも、俺らには何の興味も無さそうに見えたから、何とか平気なフリができたんよ。

 …ダミーの家に着いた時、そこにはホンマに霊はおらんかった。
 やっと安心して、煙草吸おう思ったんじゃ。
 で、火着けよる間にお前がどっか行くから、お前の方見たらおったんじゃ。髪の長い女が。
 チェーンくぐろうとしとるお前を見下ろしとった。
 とっさにお前呼んで逃げようとしたけど遅かった。
 お前が振り向いた時には、その女がお前の背中に抱きついとった」

「そっからはあんまり覚えてない。無我夢中で車に逃げ帰って。下向いてガタガタ震えとった。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(13)

コピペ

地元なのでいったことあります! ダミーの方だけですが、 ダミーの手前の道で 一緒に行った霊感のある子が、 でかい顔が自分の隣にいるのを 見たそうです!

霊も乗り換えするんだな…

オカ板で見たわ でも、大変やったね お疲れさん

コピペエエエエエ

ありがち

本当にあるんですねぇ~

よろしくなんか怖いわー

実話にしては、凄い怖いですね!! 無事で良かったです

「お札の家」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード