これは、里帰りに祖父母の家に行った時の話です。
その日は私と父母、いとこの兄ちゃんと共に行きました。
祖父母の家に行くのは4年ぶりで、祖父母共にとても歓迎してくれました。

しかし一つ気になる事がありました。

それは二階の部屋です。
爺ちゃんに
「二階には絶対行ってはならんぞ。何があってもな。」
とすごい血相で言われたからです。
私自身二階に行った事は一度もありません。
いとこの秀兄も同じく行った事がないらしく、
「行くなって言われたら行きたくなんだよなー。どう、今日の夜中に二人で行ってみないか?」
と言われ好奇心が勝った私は
「うん。行こう。」
と言ってしまいました。
この時は、まさかあんな事になるなんて思いもしませんでした。

夜中の2時ごろ、秀兄と共に皆寝ているのを確認して2人で階段のある裏部屋へ行きました。
ドアを開くとそこは薄暗く、少し悪寒がしました。
秀兄を先頭に一段ずつ階段を登っていきました。
電気をつけてみると、意外と広く倉庫みたいでした。
そこに、何か赤い仏壇?みたいなのがありました。
赤い仏壇なんて見るのも初めてだし御札みたいなものがあちこち貼られてて私も秀兄も興味津々でした。
仏壇?みたいなものは開く扉がついていて開いてみると大きい箱が入っていました。
そこにもびっしり御札がついていて黒いヒモできっちり結ばれていました。
だんだん気味悪くなった私は秀兄に
「ねえ。もうやめようよ。」
と言ってみたけど秀兄は、
「えー。面白くねえな。これ開いたら終わりにするからさー。」
といい、その箱を開けることになりました。
ヒモをといて開けてみると、
そこには昔の小刀みたいなのと人形が入っていました。
人形は着物を着た女の子でリアルでまるで生きているみたいでした。
秀兄は小刀を見て
「これってもしかして昔のもの?すげー。」
と言ってその小刀を抜きました。
すると、その時わずかに人形の口が笑ったような気がしました。
小刀には赤い血がべっとりと付いていました。
さすがの秀兄もこれには驚いて
「ナッッナニコレッ、気持ち悪っ!」
と言って慌てて小刀を納しました。
すると突然電気が消え真っ暗になりました。
私もここから早く逃げたい気分でしたが足がすくんで動きませんでした。
私を見た秀兄は
「何してるん!早よ行くで!!」
と言いましたがなかなか動けず誰かに足をつかまれている感じでした。
おそるおそる足を見てみると…

この怖い話はどうでしたか?

コメント(4)

昔そんな話があったんですね。

いってはならんぞ! さめる〜

黒目率の高さ

展開と結末がほとんど同じ

「お菊さん」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード