私の家の中に男の子がいます。



この始まりからして、すこし怪しいかんじですね…ww



その男の子はずっと下をむいています。
最初見たとき、「ヒィィィィィィィィ死ぬぅぅぅ」



と叫びましたが、いまは慣れてしまって、なんとも思わなくなりました



特に害も無いしいっか、そんなことを思いながら過ごしていました。



友人に誘われて、公園にいき楽器の練習をすることになり私は即座にOKをだし、楽器をしょって勢いよくでました。



この時とても生暖かい風がふき、後ろを振り返りました。


するとそこに、あの男の子がいます。
最初は、特に気にも止めてませんでしたが、ちょっと不思議に思いました。




今まで外までついて来なかったのに何故外までついてきているのだろう?
そんぐらいにしか思っていませんでしたが、今考えてもやっぱりすごく違和感はあったのを覚えています。



楽器を吹き始めて数分たちました。
男の子のことをふと思い出したのであたりを見てみると、


男の子と私がいる距離が少し近づいてきた気がしたのです。
このことに少しゾッとしましたが、気のせいだろう。



そう無理やり思うことに決めした。
また数分たちました。
友達が男の子がいる方向を向いて、顔をしかめて、

「ねぇ咲蘭、あの男の子近づいてきてない?」
と言ってきました。

「えっ見えんの?あの男の子のこと?」
「うん」
びっくりしました!
あの男の子がみえたのは私だけだったので。

この時は「そう?」としか答えられませんでしたが、今度はちゃんと足を動かしてきたので、


「ヤバイヤバイヤバイヤバイあいつヤバイ」



友達とそんなことをいって急いで楽器を片付け、走ってさかを下りました。




楽器をもち、息を切らしながら、坂道をもんのすっごい勢いで下ってくのって、凄い怖いんだなって冷静に考えてから、後ろを振り返りました。



その男の子の顔をみると目がないのです!おえって吐きそうになりました。



グロテスクに書くと、目があっただろうに、そこからは血がたくさんでていて、ニタニタしながら走って来るのです。


パニックになりそうなのを抑えて、
とても霊感が強く、何かしてくれるだろうと思った友達の家にかけこみ、


曖昧な記憶の中で全部話しました。
するとその友達は、(仮にA)「咲蘭、今まで隣にいた子って誰?」

「えっ?なにいってる

この怖い話はどうでしたか?

コメント(16)

お寺でお祓いかあ

怖いな

書き方が上手ければ 怖かったかもしれないけど…

なんか意外と怖かった。最後のお姉ちゃん逃げないでで一気に寒気した

お寺って(笑)

お寺でお祓い?

お寺でお祓いって 余程凄い法力でもあるのね…

おもろいな

お寺でお祓いできんの?

「絶対にいる男の子」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード