ったのは顔。無機質な布に●が三つあるだけだった。

マリオにヘイホーっていう敵キャラいるじゃん?あれを想像して頂きたい。

オバチャン「家の息子です」ニタァ

マジに血の気が引いた。この家マジにヤバイ。本当にヤバイ。

えっ……?人形……ですよね?って言ってしまった。

これが不味かった。

オバチャン「はぁ!?!?!?何言ってるの!!!!家の息子よ!!!ケン君!!!」

突然の大声とオバチャンの豹変ぶりに涙が出た。

本当にヤバイ。殺されるかもしれない。死にたくない。

なんとか穏便に済まして帰ろうと思った。

分かりました!分かりましたから!って言って、

ケン君!!お兄さんと勉強をしようか!!って言ったらまたオバチャンがニタァってして元に戻った。

当然ケン君は返事をしない。当たり前である。人形なのだから。

勉強と言っても相手は人形なのでひたすら俺が人形に向かって喋るだけである。

ここからの四時間は本当に地獄だった。10分の休憩を入れても苦痛だった。

ここはbe動詞だから○○になるんだよ~とかこれは連用形だからウだね~とか四時間ひたすら一人でやる。

オバチャンはその様子を後ろでニタニタと眺めていた。本当に気持ちが悪かった。

なんだかんだでやっと四時間が過ぎた。

じゃあ終わりにしよっか~とケン君に言った。

返事はない。当然である。人形なのry

オバチャン「お疲れ様~ ありがとうございました~」ニタニタ

本当に気持ち悪い笑顔だと思いながら帰る支度をする。

オバチャン「もう遅いしご飯食べて行きなさい」ニタァ

いえ、来る前に食べたので大丈夫ですと言った。

それにこんな気持ち悪い家で出てくるご飯なんてたまったもんじゃない。

オバチャン「食べていきなさいよ!!!!!」

また怒鳴られた。本当に怖い。基地外だ。でも殺されるかもしれないので、

じゃあ…頂きます……と渋々了承した。

その後、ダイニングみたいな場所に通されてイスに座った。

包丁を取り出し何か調理を始めた。

包丁を取り出した時は本当にドキッとした。冷や汗ダラダラだった。

汚い鍋も取り出しそれで何かを煮込みだした。するとカレーの匂いがしだした。

カレーか…普通の飯で良かった。と心底そう思った。

オバチャン「はい。どうぞ」ニマァ

汚い皿にカレーが盛り付けられていた。スプーンはコンビニで貰えるスプーンを再利用したものだった。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(58)

この話ネットで見た心霊、きちがい系の話の中で一番怖い。

なんか分からんけど、涙が出てきた。怖いのに。

怖いというか気持ち悪い感じが強くてな

読んでて面白いなと思いました。 引っ越した後に、おばあちゃんが来たらさらに怖いですね。

Youtubeでもあった

>>キャメロンさん 頭大きいって、水頭症?

はい、私が見たので1番心残りですね

霊感がある人て大変ですよね(ぼくも)

この話怖いサイトにまんまのってた その頭でかい子はなんかの病気で実際にあるらしくて お母さんはその子の毎日の看病で気がおかしくなってしまったらしい

「俺が家庭教師で行ったヤバイ家の話」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード