プレバブハウスの二階の一室(6畳一間)を社宅としてあてがわれたYさんが住んでいました。

その部屋にAさんが遊びに訪れ、ゲームやTVなんかで約半日そこで喋って遊んだ後、さすがに腹が減ったので帰る旨となったわけですが、Aさんが先に廊下に出て、Yさんが電気を消して廊下に出ました。

そして、Aさんの前で当然のように内開きのドアにカギを掛け、Yさんが先に歩き出します。

でもそこで、Aさんはふと視線をドアノブに向けました。カギはYさんが掛けたのですから開く筈はありません。けれど、

「ガチャ、ドン!」

ドアノブが回って内側に引かれました。
当然カギは掛かってますから開き切る事はありませんが・・・Aさんはドアノブにも何も触れてません。

Yさんは先に歩いています。
部屋は一間でけですから誰も中にいないはずです。

そしてAさんは非情にも、Yさんを突き飛ばし逃げたそうです。
結局、Aさんはその事情を話し、二人して外でたっぷり時間を潰したあと、Yさんだけが単身帰宅したわけですが、部屋には何もいなかったそうです。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

「プレハブハウスの部屋」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード