去年とある私立高校に入学してから3ヶ月間、私は毎日のように勉強と部活動に追われる日々。

部活動が終わり家に帰宅するのはいつも夕方の6時前後。
時には7時を回ったりもします。

私の家は4人家族。
両親はともに夜間勤務で夜はほとんど家にはいません。
姉はたまに早く帰る時もありますがいつも帰宅するのは夜10時ぐらいです。

私が家に帰り玄関を開けると家中は真っ暗で部屋へいく時は必ず居間の電気を点けてからいくようにしています。

夕食と風呂の前に部屋のベッドに腰掛け30分間読書します。

洗濯しながら風呂で一浴びし、用意してある夕食を済ませてから再び部屋のベッドで読書します。(洗濯が終わるまで)

洗濯物を干してから眠りに就くのはだいたい夜の9時ぐらい。

私が眠りに就きかけた時、玄関のほうから音がしたのできっと姉が帰ってきたんだと思い、また眠りました。

姉が帰るといつも部屋にくる前に夕食を済ませてから20分ほどで2階へ上がってきます。(最初に書き忘れましたが私の家は2階建てです)

しかし20分を過ぎても姉が2階へ来る様子はありません。
電話でもかけてるのかと思ったが話し声はしないし風呂に入っている気配も洗濯機の音もしない。

気のせいかな?と思った私はまた目の閉じ、数分後に眠くなりかけた時


ギィ… ギィ… ミシ…


部屋の外から階段を上がってくる音が聞こえてきたのです。
やはり姉は帰ってきてたんだ。

因みに階段を上がる立場から見て私の部屋は右、姉は左です。

でも何かおかしい…

階段を上がり切ると狭い廊下に入るのですが何故だか部屋に入るドアを閉める音がしない…いや、その前に廊下を歩く音がしないのです。

今の状況を考えると階段を頂きまで上がり切ってその場でジッと立ち止まっているといった感じ。
動く気配がない。

本当に姉なの?そこにいるのは?
もしかして泥棒?

だんだん怖くなってきた私、体はガクブル。
このままでは眠れないので私は部屋の電気を点け恐る恐るドアに近づき、ゆ~っくりと扉を開き顔を半分覗かせた。

が、階段の頂きには誰もいない。
暗いがはっきりと分かる。
隣の部屋にも人がいる気配はない。

たしかに私は聞いた。
階段を上がってくる音を。
間違いないし絶対に幻聴や空耳なんかではない。

じゃあ、さっき階段を上ってくる足音は何?

家の中が異常であることを感じた私は早く姉が帰ってくることを祈り

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

人の話だな コピペや読んだ話には恐怖は感じない

俺泣き叫んでる

うちだったら、失神してるわ❗ マジ、怖い❗

「本屋で読んだ話③」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード