今から10年以上前に何かの番組でこんな話がありました。
ご存知の方もいるかも

実話です。


ある中年女性が会社で済ませるはずだった仕事を自宅で済ませようと机のパソコンにかじりついていました。
ちなみに彼女の自宅は60階建てのマンションで部屋はたしか57か58階だったかな?


疲れた彼女は背伸びをしトイレに入ったんです。
すると、

ガタンッ!

トイレの外から何か物音がしました。

ビクッとした彼女はたいして気にせず用を足しトイレから出ようとドアを開けようとするがドアが何かに当たって開きません。

何度やってもその何かに当たって開きません。
その時彼女は ハッとあることに気がつきました。

明日の朝、捨てるはずの古いテーブルをトイレ近くの壁に立てかけて置いたのです。

トイレに入った時のあの 【ガタンッ】 という音…

そう、ドアを閉めた振動でテーブルが倒れてしまった音だったのです。
しかも運の悪いことにテーブルの幅は廊下の幅とほぼ同じ。
いくら押しても開くはずもなく…

その時トイレ内にブザーがあるのを思いだし彼女はそれを押した。

プー、プー、至急トイレに来て下さい!
プー、プー、至急トイレに来て下さい!

が、部屋の中には誰もいない。
このブザー、部屋内にしか鳴らないため火災などが起きない限り管理室にまでは届かない。
仮に誰かが玄関のインターホーンで訪ねて来ても部屋のインターホーンで返事をしない限り客は帰ってしまう。

そして彼女にとって最悪な悪条件が重なった。

独身で一人暮らしの彼女、家に帰って来る家族はいないのだ。

パニックに陥った彼女がとった行動

ドンドンッ!助けてーッ!
ドンドンッ!誰か助けてーッ!


ドアを叩きながら大声で叫ぶことだった。
だがこのマンションの部屋、外からの風通しが悪く声が外へは漏れない。
たまに彼女の部屋の前を住人が通るが必死の声は届かず…

もうこうなっならドアを壊すしかない!
と彼女は体当たりでドアを壊そうとするが中年女性の力ではビクともしない。

疲れて便器に座り込んだ彼女は何とか落ち着きと冷静さをとろうと


そうだ…明日仕事先から連絡がくるはず…
電話に出なければ不審に思って助けに来てくれる…
何とかなる…
ここはトイレ…水だけはたくさんある…
水さえあれば何も食べなくても一週間くらいは持つ…


水さえあればと覚悟を決めてもこんな所でいったい何日生き延

この怖い話はどうでしたか?

コメント(3)

う~ん(¬_¬) 本人が悪いやん? 自分で気をつけなさいよ…一人暮らしなんだから

終わらせ方w w

本人が最後ブザーをならしたのでしょうか?

「過去に聞いた話」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード