みんな1度くらいは金縛りや手足を引っ張られる現象にあった経験はあるかと思う。

私もたまにそういう現象に遭うんですが2年くらい前にこういう現象に遭いました。 
(金縛りとは違ったんですが)

ここんとこ仕事が忙しく、いつも帰宅時間は午後8時過ぎ。

いつもならコンビニ寄ってから帰るんだけどその日はたまたま気力無かったから帰って炊事、洗濯、シャワーを済ませすぐに寝ました。

疲れてたので10分ほどで眠りにつけました。(午後10時過ぎ)

眠っているのに何故か意識がハッキリしているのです。
(まるで夢の中で現実を見ている感じで、現実の光景がハッキリと目に映っていた)

手足を動かそうとしても動きません。

目を開けようとしても目蓋が開きません。

呼吸も苦しい感じ

あくまで眠っているので動けるはずありませんよね。

それからしばらくした時です。

ズン…ズンズン…ズン…

仮死状態になっている私の背中を誰かに指2本で突かれているような現象に遭いました。

なんだ?誰や?

体は動けません。

だんだん指の突きが強くなり早くなっていきます。

痛ててて…

次の瞬間、その指が私の背中を押し上げ指が手のひらに変わり前屈みの姿勢まで持っていかれます。

背中からまだ手のひらが放れません。

誰や~?いったい?

私が後ろを振り返った時、それはいたんです。

下半身のない上半身裸の真っ白い老人(男)が背に手をあてたまま私の顔をジッと近くで睨みつけていたのです。

ゾ~~ッとした私はそのまま夢の中で気を失ってしまいました。

そして気がつくと朝の6時を回っていました。

もちろん何も起きていませんし裸の老人もいるはずありません。

指で突かれたというのはたぶんどこかの内臓が痙攣していたのかも知れません。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

変隊野郎め

金縛りはあるけど、こんなのみたくないな

「私の実体験その2」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード