恐い話かぁ。1つあるよ。長いからダレちゃうかもだけど。

俺の友人Aが同人の絵描きさんしてまして、俺はAのアパートへ、たまに遊びに行ってた。
まあ、俺が行った時はAの為に買い物行って何か買ってきてあげたりして、後はゴロゴロしてるって感じなんだけどね。


で、ある日の事。久しぶりに俺は別の友人Bと共に、Aのアパートへ行ったんだ。んで、A と俺達は雑談したんだけど、Aが妙な事を言った。
曰く「なんか夜に1人で部屋に居ると、俺の他に誰か居るみたいな感じがするんだ」と。
まあ、俺達はAがイラスト描くのに没頭し過ぎて疲れてるんだと思って、少し休んだほうがいいよ、って言って終わらせた。

で、それからまた3,4日ぐらいしてからかな?また、俺とBはAのアパートへ行った。
でも、ちょっと変なんだよね。Aの奴、トイレに篭ってる。ってか立て篭もってる。
なんだ、どうした?って感じでAに話しかける俺達。するとAは「本当に○○(俺の名前ね)とBなんだな?本当だな?」とか言って、やっとトイレから出てきた。

トイレから出てきたAは、やたらと怯えている。なんだよ、どうした?って聞いても、暫くは口も利けない感じだった。そして、俺達に「ここを出よう、早く!」とまくし立てる。俺達は意味も分からず、取り敢えず車で近くのファミレスへ。

ファミレスでAから聞いた話は以下のようなもんだった。

前の日の晩、Aは張り切って絵(エロ系)を描いてた。したら、何だか台所で人の気配がする。『ああ、またか…』とか思いつつも『疲れてて、そんな気がするだけだ』と考えて、絵描きを続行した。

したら突然、台所と部屋を仕切ってる引き戸が、凄い勢いで開いた。引き戸に背を向けて作業してたAは固まった。後ろを振り向きたいが動けない。
どうしよう…とか考えてたら、突然後ろからヌゥ!という感じで、引き戸を開けた奴が自分の顔を覗き込んで来た。

ソイツは息が掛かるぐらい顔を近づけて、パソコン画面とAの間に顔を出し、Aを見つめた。いや、見つめるって言い方が正しいかどうか…ソイツは目が無かった。
目がある部分はポッカリと空洞になっていて、顔も紫色って言うか、腐ってたそうだ。

その時点で、Aはやっと体の自由を取り戻して、ダッシュで玄関から脱出しようとしたそうだ。だが、何故か玄関の扉が開かない。残る脱出口である窓は部屋にあるが、その部屋には例のヤツが居る。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

めちゃくちゃ怖いけど面白要素もあってよかった!ただAさんは気の毒。笑

「憑いてきた理由」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード