これは僕が小さい頃に体験した実話です。
もう10数年も前の話なので、所々記憶が曖昧な場面がありますがご容赦ください。
それでは…
僕は小さい頃(確か小学生に上がるか上がらないかぐらいの時期だったと思います。)、頻繁に怖い夢を見ていました。
少なくとも3~4日に一度。多い時は何日も連続で見る日もありました。
夢の内容はバリエーションに富んでいて、骨の牛車に乗った大鬼に追いかけ回されたり、
無人島で、映画に出てくるような大きなワニに食べられたり、
他にどんなものがあったか今となってはあまり覚えていないのですが、夢の内容は毎回違うものでした。
あまりにも怖い夢を見る頻度が高いので、母親に相談した事もあったのですが、
「あんたが普段から悪さばっかりしてるから、そんな夢を見るのよ!!」と、冷たくあしらわれて取り合ってもらえませんでした。
仕方がないので、自分なりに頑張ってみようと思い、夜寝る前に、
「どうか今日は怖い夢を見ませんように!!」と、祈りながら眠りについたりしていたのですが、全く効果はありませんでした。
それからも怖い夢を見続ける夜が何日もあったのですが、ある日ふと、
怖い夢を見る直前には必ず、「ある事」が起こるという事に気がつきました。
それは、普通の夢をみるとき、もしくは、夢を見ないときには決して起こらない現象でした。
その「ある事」を詳しく説明します。
今はもうそんなことはないのですが、当時の僕は怖い夢を見る直前には毎回、
一度意識が覚醒します(目を覚ますのとは少し感覚が違います。目を覚ます一歩手前のような感覚です。)。
そして意識が覚醒した後、身体が一瞬ふわりと持ち上がるような感覚に襲われます(身体と言っても肉体ではなく、幽体だと思います。
上手く説明できませんが、肉体の感覚と少し感じが違う
ので。)。
その一瞬の浮遊感の後、身体が一気に天井へと引き上げられ、気づいたらもう夢の中へと入っているのです。
その事に気づいた僕は、怖い夢を見ずに済むための方法を考えつきました。
あの天井へと引き上げられる感覚、あれは何者かが僕を怖い夢へと引き摺りこんでいるのではないか。
ならば、意識が覚醒し、身体の浮遊感を感じた瞬間に、近くの物に掴まり、
抵抗すれば怖い夢へ引き摺りこまれなくてすむ。と考えついたのです。
今考えると、なんてチープで馬鹿な考えなのでしょう。
その場しのぎではあ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

あらよっと♪あっち側〜♪こっち側〜♪

連れてかれろ!

「連れて行かれる」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード