地元ネタです。
私は廃墟マニアである。
廃墟へ赴くなら出来れば早朝か日中の方がイイ!
夜な夜な廃墟を巡るのは基本的に美しくない。
怖さを求めたいのか?
霊体験をしてみたいのか?
それなら墓地か火葬場に行けばいいのだ。
私は廃墟美を求めたい。
ある日曜日の早朝・・・
前日から決めていた廃墟へ向かう為、原付に跨った。
市内の廃墟へ赴くには駐車スペースを必要としない原付が一番いいのだ。
もう30年程前のスクーターなのだが「ヤマハ サリアン」をご存知の方はそう多くは無いだろう。
まだまだ現役で元気に走っている。
そんなことは、どうでも良いことなのだが・・・
今回の廃墟は精神病院跡である。
新築のドデカイ病院に移転となった為、お払い箱になった物件だ。
2スト特有の青白い排気を撒き散らしながら走ること15分・・・
国道沿いにその病院はある。
1階は全ての窓と扉に目張りがしてあり一見侵入する所など無い様に見える。
しかし・・・
そんなことは、どこの廃墟に行っても同じことで建物を1週すれば何処かに必ず侵入口はあるものだ。
愛すべき同胞たちに感謝する瞬間である。
この病院だが実は廃墟になる前に何度か来たことがあった。
脳や思考に障害があったとか、心の病だった訳ではない。
私がデパートマンだった頃、パジャマやタオルなどを外販に訪れていたのだ。
仕事ではあったが10回は来院していたので昔のこととはいえ内部構造はある程度把握していた。
1階は外来受付と診察室
2階はラウンジとナースステーション(大)とリハビリ施設
3階4階は病室とナースステーション(小)となっている。
B1階は当時行ったことが無かったので今回の目玉である。
まあ、病院のB1階は大体相場は決まっている。
____________________
当時、3回目に外販に訪れた時にこんなことがあった。
いつも通り2階のラウンジスペースを借り商品を並べているとナース2人がヒソヒソと話しているのが聞こえてきた。
「ピンクばばあムカつくよねぇ」
「言ってることも意味不明だし頭オカシイわ!」
・・・そもそも
「だからココに入院してんだろ!」と突っ込みを入れたかったが、若かった私は「ピンクばばあってエロイばあさんか??」などと馬鹿なことを考えた。
準備も終わり簡易的な売店を開店する。
途端に暇を持て余した少々一般離れした方々がナースや介護士に連れられやってくる。
殆どの者は自分の意思で購

この怖い話はどうでしたか?

コメント(9)

最後のシーンがダイハード風に再生される

常識のある人だ╰(*´︶`*)╯♡

ピンクのデルタは盛りすぎだな。 うけない。

最後の1文が( ・∀・) イイネ!

色々盛った気がする

なんだ面白い話か

最後の1文が( ・∀・) イイネ!

最後でガン萎え

霊媒師になれ!

「廃墟探訪 精神病院編」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード