私は23歳で、海女(海女歴2年)をしています。
泳ぐのが好き、結構儲かる、という理由でこの仕事をしてますが、不思議な体験をした事があります


海女になりたての頃、付いてた人に「絶対行ってはいけない」と言われてる場所がありました。
その場所は離れ小島のような所で、岸から距離にして300m位だと思います。
他の海女も絶対そこの小島には行きません。
私は勝手な思い込みで、
そこの小島に行く途中で結構潮の流れの速い所があり、海女って結構年寄りが多いので、
危ないから行ってはいけない、と言う事だと思ってました。


仕事は潮の満ち引きにもよりますが、ほとんど午前中で終わります。
しかしこの日は、体調もよくまだまだ潜れそうだったので、午後も1人で潜ってました。
そして波も穏やかだった為、ふとあの小島にいってみようかなーと思いました。


潮が速いと思い込んでいたのですが、そんな事もなく、あっさりその小島に到着しました。
「な~んだ楽勝じゃん」などと独り言をいいながら潜ってみると、
普段人が来ない為か、もう大きなアワビ、サザエがゴロゴロしてます。
アワビなんて30センチ位、サザエもほとんど20センチ。もう夢のような光景です。


「なに~ここ宝島じゃん」などと思いながら取りまくっていると、
小島の海底のほうに、ぐるりと綱が巻いてありました。
ちょっと気味が悪くなり小島に上がると、小島の側面には数体のお地蔵様が彫ってありました。
何~ここ、なんかヤバイ所~?なんて思ってると、声がしました。


「・・・・・ちゃ・」


えっ?何っ?ちゃって・・・
その声はだんだんハッキリと聞こえて来ました。


「お・・ぇちゃん」
「おねぇちゃん」


後ろを見ると、10歳位の男の子が立たっています。
(えっ何処から来たのと思いつつ、かなりビビッた顔してたと思います)
しかし何かが変だ・・・話しかけようにも怖くて声が出ませんし、
海に囲まれた小島なのに洋服着てるし、しかも濡れてないし・・・
ヤバイと思った時、男の子は言いました。


「おねぇちゃん何処から来たの?」


私は怖くて叫びたいんだけど、声が出ないで口をパクパクするだけ・・・
男の子はどんどん話を進めます。


「僕さぁーお家帰りたいんだけど、
 どう帰ればいいか分かんないし、足も痛いし、頭も痛い、お腹もすいたし喉も渇いたし・・・
 助けてよおねぇちゃん」


いまま

この怖い話はどうでしたか?

コメント(13)

読んだことある

遺体が既に全員見つかってた件

怖い〜 私はてっきりこのおばあさんがやったのかとww

誰も事故現場に供養に行かないから 上がらないって話?

怖いというか、悲しくて切ないお話でしたね。お線香あげられてよかったです。

めでたし〜

むっちゃええ話~☺

30cmの鮑て存在するんですか?

男の子3人と漁師の遺体が見つかり・・・ 見つけてほしいのはどの男の子?

「絶対行ってはいけない小島」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード