甲府方面にある旅館に泊まった時の話。


俺と彼女が付き合い始めて1年ちょっと経った時に、記念にと思い電車で旅行をした時の事。
特に目的地も決めておらず、ぶらり旅気分で泊まる所も適当に確保する、という感じの旅行だった。
初日は山梨方面に向かい、なんとなく清里で降りてホテルに泊まった。


次の日、ホテルを出て富士山方面に電車で向かった。
甲府駅で降り、城跡を見たりして、夕方近くに再度電車に乗り込み静岡方面へ。
途中で温泉街を見つけたため、その日の宿を探そうと電車をおり、
駅においてある案内板で旅館を探し電話をした。
近場の旅館やホテルは満室だった為、温泉街から少し離れた宿に電話をして空室を確認し、
迎えに来てもらった。


迎えの人は30分過ぎても来ず、1時間後に軽のワゴンで到着した。
この時点で少し嫌な感じがしたが、(霊的な意味ではなく、失敗したかなと)
迎えに来てもらっている手前、何も言わずに車に乗る。
車はきれいなホテルや旅館を尻目にずっと進み、山奥の方へ。
周りには川しかない環境で、不安は更に増していった。
結局、着いた旅館はボロボロで、周りには店も何もない。
既に辺りは暗くなっており、本当に廃墟のようにしか見えない。
旅館に着いたは良いが、女将が迎えるわけでもなく、仲居が来るわけでもない。
運転してきたおじさんが部屋案内をする始末。
食事の時間だけ告げると、そのおじさんも直ぐにどこかへ。
客は一応他にも居るようで、横の2部屋がうまっていた。


食事まで時間があったので「先に風呂に入ろう」と言うことになった。
でも、風呂場へ着くと風呂は一つしかなく、女性と男性の使用が交互に時間で区切られていた。
その時間帯は女性の使用時間だったため、彼女だけ先に入ることに。
俺は疲れのため、部屋で炬燵に入りながらウトウトしてた。


それからしばらくして、いきなり金縛りに。
炬燵の中に入れていた足先から、ゆっくりと何かが這い上がってくる感じがしてるけど、身動きが一切とれない。

ズズズという音が耳元で聞こえ始め、
まぶたを開けようにも、眼球の上を皮ごしに誰かが押しているような感じで、目が開けられない。
耳元のズズズという、何かを引きずるような音は近づいてきており、
ズズズに混じって人の息遣いが聞こえる。
ズズズ、ハァ。ズズズ、ハァ。という一定のリズムで、誰かが何かを運んでるような感じの

この怖い話はどうでしたか?

コメント(10)

読んでる途中で思いだした 読んだ事ある

ANT<< 鬼怒川温泉付近だとしたら自分も気を付けないとな。

あまりこわくなかった

どこ?

漫画の、彼岸島のでかい化け物思い出したわ。 うめずかずお の、14歳に、出てくる チキンジョージ 知ってる?

ほんとなら駅名、旅館名書いてください。

どこ

川沿いで廃墟のような旅館で山の中。 鬼怒川温泉の上の方かな?

どこ?

「旅館での一夜」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード