ここの板か忘れてしまったけど、箱根~三島間にあった廃ホテル。
当時は売却物件で看板も出ていたけど、中が凄かった。
書き込んだ前者の「見てはいけない等」の文字に惹かれて?自分も現地に。
場所は以前から知ってたので自宅からチョイノリ時間で行けた。

さて敷地内に入った瞬間、完全に空気が違うのを体感したなぁ。
何ていうか病院病室なんかの澱んだ空気って言うか・・・。
既に廃墟になっていて建物は下のガレージから階段で二階の部屋に上がるタイプ。
誰かが複数で監視してるような視線を感じた。

中庭に一台、軽自動車があるのが敷地に入ると同時に目に付いた。
近付くと窓ガラスは粉砕されて車内も物が散乱。
しかし、自分がぶったまげたのは後部荷台の七輪だった!
炭の燃えカスが残っていたので誰かが火を付けていたのだと思う。
もうそれだけでチキン状態の自分は脱兎の如くバイクで退散した。

その後、別人が現地レポを書いてくれて詳細が判明。
車内には子どもの写真何枚かと借金の督促状等があったらしい。
実際に画像もUPされたから間違いない。

行ったのは七輪を必要としない時期だったかなぁ。
そこで売主の不動産屋に軽自動車の件を訊いてみたが以下の返答。
・軽自動車は誰かが勝手に乗り付けて放置していった。
・自殺等の事故物件ではない。
・売却に当たっては更地にして引き渡す。
軽自動車は伊豆ナンバーが付いてたのは自分も確認してる。
でもねぇ・・・水も食料もない所で何で七輪を車内で使うかなぁ。

家族の写真や督促状なんかもあったんじゃ、???って疑うよなぁ普通。
知人の警官に訊いたら、自殺してたら証拠物件として警察が回収するはず。
だから本当に事件性はなかったみたいだけど、腑に落ちない。

もう過去の話で悪かったけど、ふっと思い出したので書いた。
板汚してスマソ。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(1)

色んな意味でリアルに怖い

「箱根~三島間にあった廃ホテル」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード