当時の私は高校も中退していて親からも見放された状態だった為、

遊びよりも生活資金って感じで朝から夜までバイト三昧でした。

週1の休みには息抜きで時々友達と遊びにでかけたり、1日中寝ていたり。

当時は高校中退だったからDQN友達くらいしかいませんでしたけど。

バイトを始めた時からコツコツ貯めていたお金で免許をとりました。

母が新車を買うため古い軽自動車を無理やり押し付けられ、

その車で夜中のドライブが日課になっていました。

バイトの疲れなんか気にしないくらい運転するのが楽しかったです。

夏頃にバイトの休み前日の夜に友達と心霊スポットの廃病院に行こうとなり向かったのですが、

期待を裏切るように霊とは会えず。

そこに住み着いていたホームレスのおっさんにびびらされたくらいで、

変に驚かされ仕方なしに帰ろうってなりました。

その帰り道、車内で怖い話をしようってなったのです。

友人Aは怪談が大好きで沢山話をしてくれたのですが、聞いているだけで満足の私にAは

「お前も何か話せよ」

と言ってきたので

家に居た時に携帯サイトで見た話を思い出して、話を聞かせました。

話の内容は、稲川の番組で放送中止になった話です。

確か内容は戦時のとある女霊の話だったのですが、詳しくは書けません。

要するに誰かに話したらいけない系統の話です。

当時の私はそんなの信じてる訳もなく得意げに皆に聞かせました。

これが間違いだったんです。

怪談話で帰りの車内は盛り上がって、そのまま各自宅へ友人を送り届け、その日は解散で終わりました。

未だ慣れない夜の運転に疲れた私は、体のだるさを感じつつ家までの階段をのぼり鍵を差し込み回せば

ドアの部に手をかけて玄関開けようと引いたんですが、

ガチャン

といって開かない訳。

鍵閉めてっいったよね??って疑問抱きながらも、もう一回鍵を取り出して玄関を開けて家に入りました。

早くお風呂に入りたくて、取り敢えず部屋の電気つけたらびっくり。

空き巣に入られたように部屋の中があれてました。

クローゼットの洋服やテーブルの上にあったものは床に散らばってるしで最悪です。

早く寝たかったものの、しょうがなく警察呼んで事情聴取を受けました。

いろいろ聞かれて気分は最悪の事情聴取終えてシャワー浴びて、

明日バイト休みだから明日片

この怖い話はどうでしたか?

コメント(7)

災難でしたね。大丈夫ですか?

ちょっとキモイかもしれない

紫ばばあキモイな

稲川淳二の「生き人形」の話をしたんじゃない?30年前の生放送のお昼の番組に稲川さんが その生き人形をスタジオに持ってきてるのをリアルタイムでテレビで観てたので…放送中、スタジオ内で怪現象続出で凄いパニックになってました。本当に怖かった! 広島に行く道中、車内で稲川さんの生き人形の語りのカセットテープを聴きながら走ってたら衝突事故するわ、その後 泊まった先のホテルで金縛りに遭い 寝てるベッドで大勢の霊に囲まれて「この2人どう始末しようか」って言われた時は凍りついた(汗 生き人形はガチやばいです!

こえええよ

コッチも笑って返してあげなよ

なんだったのでしょうね

「話してはいけない」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード