帰って、金もらって終了。

何を運んでたなんて知らない。

その代わり、1回の仕事で、花の配達の1ヶ月分のバイト代をもらえた。

ある夜、また呼び出された。

行ってみると、いつもとメンツが違う。

いつもはSさんかKさんと、部下の若い人だった。

ところがその日は、幹部のNさんがいて、他にはSさん、Kさんの3人だけ。

3人とも異様に緊張してイラついてて、明らかに普通じゃない雰囲気。

俺が着いても、エンジン切って待ってろって言ったまま、ボソボソ何か話してた。

「・・・はこのまま帰せ」「あいつは大丈夫ですよ。

それより・・・」途切れ途切れに会話が聞こえてたけど、結局俺は運転していく事になった。

何だか嫌な予感がしたけどね。

後ろのハッチが開いて、何か積んでるのが分かった。

でも今回はドラム缶とか、段ボールじゃなかった。

置いた時の音がね、いつもと違ってた。

重そうなもんではあったけど。

更に変だったのが、SさんとKさんが同乗した事。

いつもは俺一人で、ベンツについてくだけなのに。

しかもいきなり首都高に入った。

あそこはカメラもあるし、出入口にはNシステムもあるから。

こういう仕事の時は、一般道でもNシステムは回避して走るのに。

首都高の環状線はさ、皇居を見下ろしちゃいけないとかでさ、何ヵ所か地下に入るよね。

恥ずかしながら、俺は運転には自信あるけど、道覚えるのは、苦手なんだよね。

方向音痴だし。

多分環状線を、2周くらいしたと思う。

車が途切れたところで、突然Nさんが乗るベンツが、トンネルの中で、ハザード出した。

それまでSさんもKさんも、ひと言もしゃべらなかったけど、Sさんが、右の車線に入って止めろって。

言われるままに止めたよ。

そこって合流地点だった。

で、中洲みたいになってるとこに、バックで車入れろって言うから、その通りにして、ライト消した。

両側柱になってて、普通に走ってる車からは、振り返って見たとしても、なかなか見つけられないと思う。

まあ見つけたとしても、かかわり合いにならない方が良いけどね。

Nさんが乗ったベンツは、そのまま走り去った。

SさんとKさんは、二人で荷物を下ろしてたけど、俺にも下りて来いって。

俺はこの時も、嫌な予感がした。

今まで呼ばれた事なんて無かったし。

SさんとKさんが、二人で担ぎ上げてるビニールの袋。

映画とかでよ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(12)

いろんな意味でやばいね

アウトレイジ見たばっかだったけど。。。超絶怖い!!見なけりゃ良かった。信じたく無い!!

ヤクザのいざこざより旧日本軍のやばい地下道の方が気になるよww

公には言えないが、一つだけ言えることがある。 これ以上、この生物に干渉してはいけないということ。 多分、知ってる人は知ってるよね。

仮にフィクションだとしても、見応えのある話ですね。 怖っ

N、S、Kが井戸の底で君を待ってる。

何回か読みました リアル

よく、勇気を持って書きましたね!あなたもこのような仕事、これからは手をつけないようお願いしますよ!頼みますから!

捕まんなよ。

「地下の井戸」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード