て」

息子「イカレたんだろうねぇ。でもね、呪いの効力はそれだけじゃないんだ。リョウメンスクナの腹の中にある物を入れてね……」

俺「何です?」

息子「古代人の骨だよ。大和朝廷とかに滅ぼされた『まつろわぬ民』いわゆる朝廷から見た反逆者だね。逆賊。その古代人の骨の粉末を腹に入れて……」

俺「そんなものどこで手に入れて!?」

息子「君もTVや新聞とかで見たことあるだろう? 古代の遺跡や墓が発掘された時、発掘作業する人たちがいるじゃない。当時はその辺の警備とか甘かったらしいからね。そういう所から主に盗ってきたらしいよ」

俺「にわかには信じがたい話ですよね」

息子「だろう? 私もそう思ったよ。でもね、大正時代に主に起こった災害がこれだけあるんだよ」

1914(大正3)年:桜島の大噴火(負傷者9600人)、秋田の大地震(死者94人)、方城炭鉱の爆発(死者687人)。

1916(大正5)年:函館の大火事。

1917(大正6)年:東日本の大水害(死者1300人)、桐野炭鉱の爆発(死者361人)。

1922(大正11)年:親不知のナダレで列車事故(死者130人)。

そして1923年(大正12年)9月1日:関東大震災、死者・行方不明14万2千8百名。

俺「それが何か?」

息子「全てリョウメンスクナが移動した地域だそうだ」

俺「そんな! 教団支部ってそんな各地にあったんですか? と言うか偶然でしょう(流石に笑った)」

息子「俺も馬鹿な話だと思うよ。で、大正時代の最悪最大の災害、関東大震災の日ね。この日、地震が起こる直前に天獄が死んでる」

俺「死んだ?」

息子「自殺、と聞いたけどね。純粋な日本人ではなかったと言う噂もあるらしいが」

俺「どうやって死んだんですか?」

息子「日本刀で喉をかっ斬ってね。リョウメンスクナの前で。それで血文字で遺書があって……」

俺「なんて書いてあったんですか?」

『日 本 滅 ブ ベ    シ』

俺「……それが、関東大震災が起こる直前なんですよね?」

息子「そうだね」

俺「偶然ですよね?」

息子「偶然だろうね」

俺「その時、リョウメンスクナと天獄はどこに?」

息子「震源に近い相模湾沿岸の近辺だったそうだ」

俺「……その後、どういう経由でリョウメンスクナは岩手のあのお寺に?」

息子「そればっかりはオヤジは話してくれなかった」

俺「あの時、住職さんに『なぜ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(11)

>俺も釘を足で踏み抜いて5針縫った。 これ、こいつがドジなだけで、たたりでもなんでもないぞ。

この話そのまんまインターネットに載ってたわw このアプリ、コピーして投稿してる人達がたくさんだねw しかも殿堂入りしてる奴ほとんどそうだし。(リゾートバイトとか)

ミイラ⁉️

あんちさんの仰る通り、いきなり天獄というキャラ(人物)が会話内に出てきて意味不明になりかけましたよ!

壺のくだりが無くて急に天獄とかいうキャラ登場の下手なまとめやん

ミイラ?

この話しも知ってる 気持ち悪い話しだね

こわいですね

これ 懐かしいね。 ミイラの呪いは有名。 確か…『沈まむことのない船、タイタニック号の沈没』もミイラの呪いだったとか、その船に紛れ込んだ『ミイラ』による…

「リョウメンスクナ」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード