俺「いえ、こっちこそ無理言いまして。アレって結局何なんですか?」

息子「アレは大正時代に見世物小屋に出されてた奇形の人間です」

俺「じゃあ、当時あの結合した状態で生きていたんですか? シャム双生児みたいな?」

息子「そうです。生まれて数年は岩手のとある部落で暮らしてたみたいだけど、生活に窮した親が人買いに売っちゃったらしくて。それで見世物小屋に流れたみたいですね」

俺「そうですか……でもなぜあんなミイラの様な状態に?」

息子「正確に言えば、即身仏ですけどね」

俺「即身仏って事は、自ら進んでああなったんですか?」

息子「……君、この事誰かに話すでしょ?」

俺「正直に言えば、話したいです」

息子「良いよ君、正直で(笑)。まぁ私も全て話すつもりはないけどね……アレはね、無理やりああされたんだよ。当時、今で言うとんでもないカルト教団がいてね。教団の名前は勘弁してよ。今もひっそり活動してると思うんで」

俺「聞けば誰でも、ああ、あの教団って分りますか?」

息子「知らない知らない(笑)。極秘中の極秘、本当の邪教だからね」

俺「そうですか」

息子「んで、どうも最初からそのシャム双生児が生き残る様に、天獄は細工したらしいんだ。他の奇形に刃物か何かで致命傷を負わせ、行き絶え絶えの状態で放り込んだわけ。奇形と言ってもアシュラ像みたいな外見だからね。その神々しさ(禍々しさ?)に天獄は惹かれたんじゃないかな」

俺「なるほど」

息子「で、生き残ったのは良いけど、天獄にとっちゃ道具に過ぎないわけだからすぐさま別の部屋に1人で閉じ込められて、餓死だよね。そして防腐処理を施され、即身仏に。この前オヤジの言ってたリョウメンスクナの完成ってわけ」

俺「リョウメンスクナって何ですか?」

神話の時代に近いほどの大昔に、リョウメンスクナという2つの顔、4本の手をもつ怪物がいたという伝説にちなんで、例のシャム双生児をそう呼ぶ事にしたと言っていた。

俺「……そうですか」

息子「そのリョウメンスクナをね、天獄は教団の本尊にしたわけよ。呪仏(じゅぶつ)としてね。他人を呪い殺せる、下手したらもっと大勢の人を呪い殺せるかも知れない、とんでもない呪仏を作った、と少なくとも天獄は信じてたわけ」

俺「その呪いの対象は?」

息子「……国家だと、オヤジは言っていた」

俺「日本そのものですか? 頭イカレてるじゃないですか、その天獄っ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(10)

あんちさんの仰る通り、いきなり天獄というキャラ(人物)が会話内に出てきて意味不明になりかけましたよ!

壺のくだりが無くて急に天獄とかいうキャラ登場の下手なまとめやん

ミイラ?

この話しも知ってる 気持ち悪い話しだね

こわいですね

これ 懐かしいね。 ミイラの呪いは有名。 確か…『沈まむことのない船、タイタニック号の沈没』もミイラの呪いだったとか、その船に紛れ込んだ『ミイラ』による…

この話そのまんまインターネットに載ってたわw このアプリ、コピーして投稿してる人達がたくさんだねw しかも殿堂入りしてる奴ほとんどそうだし。(リゾートバイトとか)

ミイラ⁉️

これ洒落にならんで。 まじの方でさ… 忠告みたいに捉えた方がええかもな。 Googleで調べたら出てくるわ。

「リョウメンスクナ」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード