ドアに猛ダッシュし、ドアノブに手をかけ・・・

「・・・ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁあぁあぁぁああああ!!!」

佐藤は絶叫し、その場に倒れこんだ。

「お・・・おい!!佐藤!!」

私は意識を失っている佐藤のもとに駆け寄った。

頭を抱えて起こそうとするが佐藤に返事はない・・・気を失っているのか。

ふと、私はドアを見た。

「・・・う、うわぁぁあぁ!!」

佐藤が見たものが分かった・・・。

ドアの窓から女が・・・こちらを見ている。

それもケタケタケタケタ、バカにしてるような笑みを浮かべながら。

(ドアについてるこの四角い窓だけど、後でよく考えたらマジックミラーだった。 だから店内からは鏡に見えるはずなんだけど。)

私は恐怖と共に、「何故こんな目に合わなくちゃいけないんだ」と怒りがこみ上げてきた。

「・・・やねん・・なんやねんお前!!何がしたいねん!!どっか行けや!!」

私は勇気を振り絞って全力で叫んだ。

すると、ケタケタ笑っていた女の笑みが止んだ。

そして・・・一瞬睨むような恐ろしい目つきになり、スーっと窓から立ち去った。

「はぁっ・・・はぁ・・・どっか行ったか・・・」

安心・・・したのもつかの間。

店内から激しい物音が聞こえてきた、棚が倒れる音だ。

-バタン!!バターン!!・・・ドスン!!

(怒らせてしまったのか)

俺は佐藤の傍に座り込んでガタガタと震えていた。正直精神的にどうにかなりそうだった。

-ドスン!!バリッ!!メキ・・・バタン!!・・・

・・・

・・・・・

どれふらいの時間だったろうか、たぶん1分ほど激しくなり続けていた音が止んだ。

(気がすんだのか・・・)

私は立ち上がろうとした。

その時、

-プルルルルル、プルルルルルル

電話が鳴り出した。

-プルルルルル、プルルルルルル

鳴り止まない、私はとるのを躊躇った。

さっき電話がかかってきた時、モニターから私達の気をひくような不自然なコールだった

そして、静かになったと思ったらこれだ、タイミングがよすぎる。

しかし、もうどうにでもなれ、そんな気持ちで私は電話をとった。

「・・・もしもし」

「・・・・・・・・・・・・」

「もしもし!!」

「・・・・・・・・・・・・」

私は確信した。

「早く・・・早くこっから消えろ!!」

「・・・・・あ・・・あ・・・・・あああ」

(しゃべった?!)

この怖い話はどうでしたか?

コメント(54)

ビビッたぞ~★怖ぇ~な!

面白い

店長強し。

店長はこの現象や女の子について知ってる事があると思った。

店長ー!?(; ・`д・´)ナン…ダト!?

よく見るパターンかもですが、楽しませていただきました。

なんか反応が大げさっていうかわざとらしいというか…

て、て、てて店長のつ、連れじゃね?

深夜バイトするのやめとこ

「コンビニ」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード