私は幽霊なんてこれっぽっちも信じていなかった。

でも今は信じている、これはその原因となった話。

私は2年ほど前コンビニでバイトしていた。

そのコンビニは23時に閉店という田舎丸出しの店。 (実際は客が少ないからというより、近隣住民の苦情が多かったため)

その日は私と後輩の佐藤、二人でバイトに入っていた、時刻は22時45分。

「そろそろ閉めるかぁ」

「そうですね~、ジャンプ読みたいですし早く閉めましょ~」

閉店は23時だが実際タイムカードを押すのは23時30分という決まりがあったため、

いつも私達は早く閉店準備し、漫画を読んで時間をつぶすのが恒例になっていた。

その日も売上の確認、自販機の精算、洗いものを急いで終わらした、時刻は23時ちょうど。

入り口の鍵を閉め、電気を落とし、私達は裏でマンガを読み始めた。

その時、

―ピンポーン、ピンポーン・・・

チャイムが鳴った。(コンビニの入り口に入る時に鳴るアレです)

「ん?誰か来たかな、佐藤ちょっと見てきて」

「了解でーす」

私は佐藤に見にいかせ、監視モニターを入り口に設定した。

(監視モニターは店内に複数ある監視カメラの映像をテレビに映すもので、

普段は3秒間隔ほどで映像が切り替わっていきます。この時は入り口のカメラだけを映すよう設定したわけです。)

監視モニターを見ると、女の人が立っていた。

髪が長く白っぽいワンピースを着ていたのは分かったが顔までは確認できなかった。

様子を見にいった佐藤がモニターに入ってきた、佐藤は入り口の外を軽く見渡す動作をした後こちらに戻ってきた。

「女の人いたやろ?お前、あぁいう時は鍵開けて対応しやなあかんやろ」

このコンビニは店を閉めたあともしばしば客がやってくる、まさか23時に閉まるとは思ってないのだろう。

そのためこういうケースは頻繁にあり、そのたびにお詫びを申し上げて帰ってもらっていた。

(レジ閉めて精算した後だからややこしくなるのよ)

なので、様子を見ただけで帰ってきた佐藤に一応先輩として注意したわけ。

「え~?俺外見たけど誰もいませんでしたよ?」

「いやいや(笑)女の人いたやろ、俺モニターで見てたから」

「ほんまですか~?俺ちゃんと見ましたよ~」

(ドアの外正面に立ってたのに見えなかったはないだろうこのクソ野郎が!!)

なんて思っていたが、まぁこの佐藤はお調子者な奴でミ

この怖い話はどうでしたか?

コメント(49)

て、て、てて店長のつ、連れじゃね?

深夜バイトするのやめとこ

ヤバいっす(°д°) コンビニいくの恐いー

店長強し。

こわいですね1か月たっても忘れられません  

怖すぎる‼

よく見るパターンかもですが、楽しませていただきました。

うん似たような話みたことあるわ

後輩さんの発言が面白い

「コンビニ」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード