『私メリーさん。今駅にいるの。これからあなたの家に行くわ』


深夜いきなり携帯が鳴り、それから聞こえる声が微睡みかけた僕の意識を現実に引き戻した。


「なんだ…?いたずらか?」

僕は電話を切り、再び訪れる眠気に身を委ねようとしたが、再度携帯の着信により邪魔されてしまった。


『私メリーさん。今郵便局にいるの』


郵便局は駅から僕の家までのちょうど中間くらいにあった。

そんな電話にも不思議と怖さはなく、むしろ眠気を邪魔された不快感の方が強かった。

「何だよ…邪魔するなよ…」

そんな僕の気持ちを無視するように、またしても携帯が着信を知らせる。


『私メリーさん。今小学校にいるの』


確実にメリーさんは家に近付いて来ているが、今の僕にはどうでも良い事にしか思えない。


『私メリーさん。今コンビニにいるの。もうすぐだから待ってて』


コンビニと言えば、家から目と鼻の先にいる事になるが、そんな状況となっても今は恐怖より眠気の方が遥かに勝っていた。


そしてまた携帯が鳴る。



ほとんど眠りに落ちかけている僕は、鳴り続ける携帯をわずかに苛立ちながら通話ボタンを押した。


『私メリーさん!今あなたの家の前にいるの!お願いだから眠らないで!あと一回必ず電話に出て!!』


携帯から聞こえるメリーさんの声に今までとは明らかに違う雰囲気を感じたが、何故そんなに切羽詰まっているのかを考える事すら、今の僕にはもう出来なかった。




睡魔に身を委ね、夢と現実の境界が曖昧になる。





どこかで携帯が鳴っている。

実際は僕の手の中に携帯はあるのだが、着信音は僕の耳に微かにしか届いてなく、まるで遠くで鳴っているかのようだった。

いつまでも鳴り止まない携帯に、僕はいつもの習慣からか通話ボタンを押し、無意識に携帯を耳に押し当てていた。


『私メリーさん!あぁ間に合った!今あなたの後ろにいるの』


携帯から聞こえる言葉に対して、もう僕には後ろを振り向く力すら残っていなかった。

深い眠りに落ちて行く僕の耳元で、誰かが囁いた気がした。


「私メリーさん。絶対にあなたを逝かせはしない」


暖かく、どこか懐かしさを感じる何かに包まれた気がした。






そして僕の意識は完全に途切れた。
















夢を見ていた。




夢の中の僕はまだ幼く、一人で留守番をしていた。


すると家

この怖い話はどうでしたか?

コメント(56)

メリーさんに感謝しよー❗️ なんか1番上の絵

で結局、メリーさんてのは何だったの? 話は良かったけども、そこだけ分からず(><)

なんだこれは、目から液体が流れ出てくる

ハッピーエンドに想定外でした。良かったです

えぇ話!

おもしろ展開かと思ったらまさかの感動オチ

この野郎!妙に良い話じゃないか! 涙腺崩壊だわ!

良い話です(*^^*)

感動する

ワルツさんの投稿

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード