のに」

何もない居間と台所をあれこれ見ながら、男三人はつまらなそうに持ってきたお菓子をボリボリ食べ始めました。
「てことは、秘密は二階かな」
私とD子は、D妹の手を取りながら二階に向かおうと廊下に出ます。
しかし、階段は…と廊下に出た瞬間、私とD子は心臓が止まりそうになりました。
左にのびた廊下には途中で浴室があり、突き当たりがトイレなのですが、
その間くらいの位置に鏡台が置かれ、真前につっぱり棒のようなものが立てられていました。
そして、その棒に髪がかけられていたのです。
どう表現していいかわからないのですが、カツラのように髪型として形を成したものというか、
ロングヘアの女性の後ろ髪が、そのままそこにあるという感じです。(伝わりにくかったらごめんなさい)
位置的にも、平均的な身長なら大体その辺に頭がくるだろうというような位置で棒の高さが調節してあり、
まるで『女が鏡台の前で座ってる』のを再現したみたいな光景。
一気に鳥肌が立ち、「何何!?何なのこれ!?」と軽くパニックの私とD子。
何だ何だ?と廊下に出てきた男三人も、意味不明な光景に唖然。
D妹だけが、「あれなぁに?」ときょとんとしていました。
「なんだよあれ?本物の髪の毛か?」
「わかんない。触ってみるか?」
A君とB君はそんな事を言いましたが、C君と私達は必死で止めました。
「やばいからやめろって!気持ち悪いし絶対何かあるだろ!」
「そうだよ、やめなよ!」
どう考えても異様としか思えないその光景に恐怖を感じ、ひとまずみんな居間に引っ込みます。
居間からは見えませんが、廊下の方に視線をやるだけでも嫌でした。
「どうする…?廊下通んないと二階行けないぞ」
「あたしやだ。あんなの気持ち悪い」
「オレもなんかやばい気がする」
C君と私とD子の三人は、あまりに予想外のものを見てしまい、完全に探索意欲を失っていました。
「あれ見ないように行けばだいじょぶだって。二階で何か出てきたって、階段降りてすぐそこが出口だぜ?
 しかもまだ昼間だぞ?」
AB両人はどうしても二階を見たいらしく、引け腰の私達三人を急かします。
「そんな事言ったって…」
私達が顔を見合わせどうしようかと思った時、はっと気付きました。
「あれ?D子、○○ちゃんは?」
「えっ?」
全員気が付きました。D妹がいないのです。
私達は唯一の出入口であるガラス戸の前にいたので、外に出たという事はありえません。

この怖い話はどうでしたか?

コメント(51)

日本にはこう云うのあるよね。僕の産まれ故郷にも、神がかりの掟がある。破ればどうなるか、地元民は当然激怒するよ

結局、名前何て読むん?

これを見て最近思ったのは、何の事情も知らず理解もしてない人を遠ざけるだけでは防止にならんって事だな。 これが子供の影響に良くないとか、隠すだけって行為に対していずれこうなるって皮肉にも見える。

初めて見た時は怖いな〜って感じだったけど…改めて読むと詳細が明確になりすぎてる。受け継がれてきた話、とか誰かから聞いた話が主だったりするともっとぼんやりしてる部分があってもいいものだけど、全部事情を最初から知ってて精通してる人が書いた文章、って印象。まぁ読み物としては面白かったよ

長いから読まない 知ってる話しだし

怖い… けど、手首が入ってるって見た時吉良吉影が思い浮かんだ

初めて見た時は怖いな〜って感じだったけど…改めて読むと詳細が明確になりすぎてる。受け継がれてきた話、とか誰かから聞いた話が主だったりするともっとぼんやりしてる部分があってもいいものだけど、全部事情を最初から知ってて精通してる人が書いた文章、って印象。まぁ読み物としては面白かったよ

本当には無かったネタ話の間違いだな。 元スレでは矛盾点を大量に指摘されて糞ネタ扱いされてた駄ネタ。 作者が随分自信を持って拡散してたが・・・・しつこい奴が頑張るとこんな糞ネタでも生き残るもんだなw

( ^ω^ )ワロリン

「パンドラ(禁后)」に関連した怖い話

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード