これは1ヵ月くらいのことである。
その日の昼に近所の友達と共に俺の祖母の近くにある公園へドッジボールをしに行くことにした。
人数は俺を含む6人だった。

そこからしばらく6人で楽しんでいた。
すると、メンバーのうち1人が本気でボールを投げてしまった。だがこのボールは軟性だったので安心した。
友達がボールを取りに行った時のことだった。
「ウワァァァ!」
とその友達が叫び出した。
俺たちは、
「どした?」
と駆け寄り出した。
そこには、草に大量の唾液?がこびりついていた。
その液体を見た俺たちはパニック状態に!
ボールにその唾液っぽい液体がついてしまった・・・
そこから一旦帰宅しボールを洗うことになった。
俺たちはあの液体の事で頭がいっぱいだった。
「あれ結構なんだったんだ?」
「洗剤じゃね?」
「洗剤にしてはあまり染み込んでなかったな。」
などと液体の正体について語り合っていた。その際酔っ払いのゲロ説も出たが、絶対に有り得ないなと話していた。
「なぁなぁ。あの液体昨日なかったよな?」
「確かに。なかった気がする。」
「あの液体まだこびりついてからそんなにたってないと思う。」
という声があがった。
マジで勘弁してくれと思いながらもその話を聞いていた。
あと言い遅れていたが、俺はその液体を携帯で撮影した。今もその液体の写真がある。
あの液体が本当になんだったのか今も疑問に思う。

この怖い話はどうでしたか?

コメント

怖花作夫さんの投稿(14)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード