あれは俺が高校生だった時の話。
俺は当時7人くらいでつるんでいました。
メンバーは、俺、A、B、C、D、E、Fの男7人でした。
俺たちは超がつくまでのオカルトマニアでした。
そんな俺たち7人の内の1人であるCの家は少し曰く付きの場所でした。
彼は高層マンションに住んでいました。
一見普通なのですが、C曰く何か変な噂を耳にしたようです。
それは、マンションの最上階から飛び降り自殺をした女性がいたようです。
死体の損失が激しかったらしく、片方の腕が千切れていたり、足が変な方向に曲がっていたり、脳が飛び出ていたりとかなりひどいものだったらしいです。
そこからその女性の霊が死んだ事に気付いておらずCの住む高層マンションの中を彷徨っているそうです。
この話を聞いた俺たちは少し失禁してしまいそうになりました。
C「ていう噂って言ったらアレなんだけど、どうやら実話らしいんだよね。」
俺「ならさ、お前ん家に行って噂検証していいか?」
C「は?お前急に何言いやがってんだ?」
俺「もちろん俺だけじゃないさ。全員でな!」
C「じゃ、俺もか!?」
俺「あぁそうだ。」
C「冗談じゃねーぞ。お前ら本当に俺ん家にきて検証するつもりかよ!?」
「あぁそうだよ。」
C「お前ら頭イカれてんなぁ!」
俺「お前も少し気になってんじゃねーのか?」
C「まぁそれもそうだけどよぉ。」
俺「んじゃ決まり。明日の夜お前ん家でその話の検証しようぜ。」
E「てかお前の両親いんのかよ?」
C「5日ほど海外へ旅行にいったからな。」
俺「じゃぁお前だけか家にいるのは?」
C「まぁそうだが。」
俺「じゃぁ俺ら明日の夜になったらガチでお前の家に行くからな。」
C「え〜。ッチ分かったよ。」
俺「じゃぁ決まりな。」
そして授業が終わり俺たち7人で帰ることになりました。
帰り道でもその噂についての話をしていました。
D「本当にお前んとこマンションに幽霊なんか出てくんのか?」
C「ンなもん知らねぇよ!かれこれ2年前ほどの噂だったからよぉ!」
D「あ、2年前?お前何で早く言ってくれなかったんだよ。」
C「だってよぉ、そんなこと知らなかったもん!」
B「まぁ、とりあえず〇〇(俺の名前)が言ってた通りに明日の夜に検証すればいいんだからよぉ。」
俺「その通り!アッタマいいねぇ、Bちゃん!」
B「だろ?〇〇ちゃん!」
俺B「うぇーい!」
C「なんだアイツら。キショすぎだろ。」
そして俺たちは自

この怖い話はどうでしたか?

コメント(2)

フェイクです。

これ実話ですか?

怖花作夫さんの投稿(9)

もっと見る

話題のキーワード

サクっと読める短編の怖い話

人気の怖い話をもっと見る
怖い話 怖い話アプリをダウンロード 怖い話アプリをダウンロード